Lil Nas Xのグラミー賞での衣装が「黒人から男らしさを奪っている」と批判を受ける|本人はジョークでリアクション

先日の2020年グラミー賞受賞式にて最優秀ポップデュオ/グループパフォーマンス賞を受賞したLil Nas X。授賞式ではBTSやNasを招いた豪華なパフォーマンスが行われたほか、彼が身につけていたピンクのカウボーイファッションも話題となった。そんな中、とあるラッパーがLil Nas Xのファッションを批判し物議を醸している。

XXLによると、アトランタ出身でサウスの大御所の一人であるラッパーPastor Troyが、今週水曜日にInstagramにてLil Nas Xの写真をポスト(現在は削除)。「俺がこの服を着なきゃいけないなら、絶対にグラミーを獲ることは無いだろうな…」として、「あいつらは子供たちにこういったものを押し付けるのが大好きなんだ。この前はアップルビーズ(注:アメリカのレストランチェーン)が、パンクス二人がキスをしてモッツァレラスティックを食べて笑っている広告を出してた。俺の14歳の息子だって“ファックアップルビーズ”って言ってたし、それは嬉しかったよ。息子には分かるんだ。あいつらは男、特に黒人の男から男らしさを奪おうとしているんだ」とのコメントを書き綴っている。

Lil Nas Xはゲイであることを公言しているため、Pastor Troyは彼のフェミニンなスタイルや同性愛を連想させるものに対して嫌悪感を覚えたのだと思われる。

しかし、当然ながらこの時代錯誤という他ない意見は大きな批判を寄せられており、SNSにて様々な非難の言葉が寄せられた。そんな中、Lil Nas X本人はPastor Troyの投稿のスクリーンショットを引用リツイートし、「マジかよ、この写真の俺はマジでイケてるな」と発言。

他にも「Pastor Troyが、黒人の男二人がモッツァレラスティックを食べているのを見たとき」としてミームの動画を投稿するなど、飄々とした反応を見せている。

以前、ゲイであるとカミングアウトしたことを理由に自身に浴びせられるバッシングについてLil Nas Xは「何年もインターネットをやってきた中で、俺もああいうネガティブな人間だった。だから怒ってないし、彼らがあんなリアクションをすることも理解できる。ただ、俺もジョークで返すよ」と語っていた。しかし、正面から差別的な言葉を受けた人間の心がどれほど傷ついているかは本人以外に窺い知れないものであり、今回のPastor Troyのコメントが許容されるべきものではないことは確かである。

ホモフォビア的な発言によって批判を受けているPastor Troyだが、今後彼から何らかのリアクションはあるのだろうか?

related

Lil Nas Xがアルファベットを学べる絵本『C Is for COUNTRY』を執筆

“Old Town Road”や『7』以来まとまった作品をリリースしておらず、新作を待たれているLil Nas X。そんな彼が、なんと児童書を執筆し出版する予定であることが明らかになった。

Lil Nas Xが『セサミストリート』に出演し“Elmo’s Song”を歌う

長い歴史を持ち全世界で親しまれているアメリカの子供向け教育番組『セサミストリート』。これまで様々なセレブやアーティストがゲスト出演してきたこの番組に、Lil Nas Xが出演。エルモとの夢の共演が実現している。

【特集】ラップとゲームを巡る14の出来事

人気ゲーム『フォートナイト』上で開催され、全世界から1000万人以上のアクセスを集めたTravis Scottによるライブイベント『Astronomical』。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。