ヒューストンのレジェンドDJ Screwの伝記映画『All Screwed Up』の公開が決定

「Chopped()&Screwed(チョップド&スクリュード)という曲のピッチを極端に下げ、さらに半拍ずらしてミックスする手法を考案したとされるDJ Screwの伝記映画『All Screwed Up』が、彼の死から20年経った今年公開される。

DJ Screwは上述したChopped&Screwedという手法でもって、ヒップホップ界に大いに貢献した人物であり、事実現在人気を誇るラップソングは彼の影響を多大に受けていると言える。Travis Scottの『ASTROWORLD』、Megan Thee Stallionの『Fever』、Solangeの『When I Get Home』などからも彼の影響が見られ、コデインの服用過多によって死去した2000年以降の世代からは、自然と彼の残した功績が浮かび上がってくる。

Isaac Yowman監督が手がける今作は、DJ Screwになる以前のRobert Earl Davis Jr.(DJ Screwの本名)の頃から描かれ、彼を慕う仲間を中心に結成されたScrewed Up Clickや、ヒューストンの北部と南部での争いなどが語られている。

今作は現在のヒップホップシーンに蔓延する問題に対しても関連した物語になっており、コデインの服用過多によるDJ Screwの死は、現在のLil PeepやJuice WRLDのような新進気鋭のアーティスト達の死に通じるカルチャー全体の問題として捉えられている。現時点ではどのネットワークが今作を取り扱うのかはアナウンスされていないが、是非チェックしてみてはいかがだろうか。

related

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

Kendrick LamarやFrank Oceanなどの楽曲が使用される話題の映画『WAVES/ウェイブス』の冒頭6分間の映像が公開

Frank OceanやKanye West、Kendrick Lamarなどの楽曲をふんだんに用いた映画『WAVES/ウェイブス』。4/10(金)から公開となる同作の冒頭6分間の映像がYouTubeで公開された。

【コラム】『WAVES/ウェイブス』|Frank Ocean、Animal Collective、Kendrick Lamarらの楽曲が紡ぎ出すプレイリストムービー

『ムーンライト』や『レディバード』、『ミッドサマー』などの作品群を発表し高い評価を受ける映画プロダクションA24が新たに世に放つ新作『WAVES/ウェイブス』。Frank OceanやKanye West、Kendrick Lamarなどの楽曲をふんだんに用いた同作は、映画ファンはもちろん音楽ファンにとっても必見の作品だ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。