SEEDAの名曲"花と雨"が14年の時を経てミュージックビデオが公開

SEEDAのアルバム『花と雨』を原案とする映画『花と雨』が、本日から公開される。それにあわせてSEEDAのアルバムの最後を飾るタイトル曲のミュージックビデオが公開された。

アルバム『花と雨』は2006年にリリースされ、当時の日本のヒップホップシーンに衝撃を与えた作品。同作からはミュージックビデオが公開されておらず、14年の時を経て公開されることになった。ミュージックビデオはSpikey Johnが制作、SEEDA本人の撮り下ろしカットや、映画の映像も多数使用し、音楽と映画が見事に融合した作品となっている。

Info

映画 『花と雨』

出演:笠松将 大西礼芳 岡本智礼 中村織央 光根恭平 花沢将人 MAX サンディー海 木村圭作 紗羅マリー 西原誠吾 飯田基祐 つみきみほ 松尾貴史 高岡蒼佑
監督:土屋貴史
原案:SEEDA・吉田理美
脚本:堀江貴大・土屋貴史
音楽プロデューサー:SEEDA・CALUMECS
製作:藤田晋・中祖眞一郎 制作プロダクション: P.I.C.S.
配給:ファントム・フィルム
(C)2019「花と雨」製作委員会
http://phantom-film.com/hanatoame/
2020年1月17日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開

related

018がSEEDAをフィーチャーした新曲“Cold City”をリリース

東京を拠点とする018とSEEDAによる新曲“Cold City (feet. SEEDA)”がリリースされた。

ralphがミックステープ『24oz』をリリース | SEEDA、C.O.S.A.、AJAHが参加

昨年リリースした"Selfish"や『ラップスタア誕生!』の優勝も記憶に新しいralphが、ミックステープ『24oz』を本日6/30(水)にリリースした。

Red Bullのサイファー企画『RASEN』の最新回にHideyoshi、MonyHorse、SEEDAが登場 | ビートはYung Xanseiが制作

Red Bullによるジャパニーズ・ヒップホップ専門のYouTubeチャンネル「レッドブルマイク」で人気サイファー企画『RASEN』の最新回が公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。