The Neptunesが再始動しLil Nas X、Jay-Z、Lil Uzi Vertらと共に制作をしていることが判明

2000年代のヒップホップシーンにおいて多大な人気を誇り、今なお大きな影響を与え続けるプロデューサーデュオThe Neptunes。そんな彼らが今回待望の再始動を果たし、制作を行っていることが明らかになった。

XXLによると、The NeptunesのChad Hugoのインタビュー記事が昨日Clash Magazineより公開。そこで彼は「Lil Nas Xの楽曲をプロデュースしている」とした他、「今はThe Neptunesでの仕事に集中してるよ。何曲か作ってるんだ。まだ詳しくは話せないけどゲームのサウンドトラックを作ってる。それと、Miley Cyrus、Jay-Z、Blink 182、Lil Uzi Vert、Brandy、Ray-J、Snoh Alegra、G-Eazyともやってるね」と、大御所から新世代まで様々なアーティストとのコラボを多数予定していることを明かした。さらにKaytranada、Dua Lipa、Rex Orange Countyとも楽曲を作っているとのこと。

Pharrell Williamsが変わらず目覚ましい活躍を見せ続けながらも、長く活動を休止していたThe Neptunes。2017年にはChadが「音楽業界から引退する」との発言(後にジョークだと判明)を行っていた一方、二人が所属するN.E.R.Dが活動を再開したため、The Neptunesの活動再開も多くのファンから待ち望まれて来た。

The Neptunesが手がけた新曲たちはどのようなものに仕上がるのだろうか?Chad Hugoのインタビュー全編はこちらから読むことが出来る。

related

Jay-ZとBeyonceがスーパーボウルの国歌斉唱にて起立しなかったことが物議を醸す|コリン・キャパニック選手は批判の投稿をリポスト

昨日開催されたアメリカのエンターテイメント最大の祭典であるNFLスーパーボウル。以前よりNFLによる人種差別とハーフタイムショーの出演アーティストが議論を呼び続けてきたが、そんな中、昨日のスーパーボウルに出席していたJay-ZとBeyonceの夫妻がとった行動が物議を醸している。

KelisがThe Neptunesによって楽曲の権利を奪われ報酬を受け取っていないと主張

先日、長い活動休止期間を経てついに再始動を果たすことが発表されたPharrell WilliamsとChad Hugoのプロデューサーユニット、The Neptunes。そんな彼らとのコラボレーションで知られるR&BシンガーのKelisが、このタイミングでまさかの主張を行い話題となっている。

Lil Nas Xのグラミー賞での衣装が「黒人から男らしさを奪っている」と批判を受ける|本人はジョークでリアクション

先日の2020年グラミー賞受賞式にて最優秀ポップデュオ/グループパフォーマンス賞を受賞したLil Nas X。授賞式ではBTSやNasを招いた豪華なパフォーマンスが行われたほか、彼が身につけていたピンクのカウボーイファッションも話題となった。そんな中、とあるラッパーがLil Nas Xのファッションを批判し物議を醸している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。