WWWβにて開催される『Get Loose』にMURVSAKI、Double Clapperzなどが登場

ラップミュージックやダンスミュージックを独自にアップデートし続けるアーティスト、DJにフォーカスしたパーティー『Get Loose』が、渋谷WWWβにて1/11(土)に開催される。

第1回目の開催となる今回は、KOHH、Bad Hop、Tohjiといった最先端のラッパーのトラックを作り出し、フロアを揺らし続けてきたプロデューサーMURVSAKIのDJセットを始め、ヒップホップ•レゲエを中心にエクレクティックなセットをプレイする1017 Muneyが登場。また、UKアーバンミュージックを軸とするHibi Bliss、様々なジャンルを独自のセンスで架橋するRyo、グライムDJのDouble Clapperzが登場する。

また、これまでにBIEN、Mars89によるアートインスタレーションやクラブイベントを開催してきたディレクションチーム、GRIDIN’がパーティーをサポートする。

Info

『Get Loose』 At WWWβ

1/11 (sat)
11pm- 5am
At WWWβ
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町13−17 B1F シネマライズビル

出演者
MURVSAKI
Hibi Bliss
1017 Muney
Ryo
Double Clapperz

ADV ¥1,000 @RA / DOOR ¥1,500 / U23 ¥1,000

related

【特集】MURVSAKIが選ぶ「最近のお気に入りから自分にとってのクラシックス」

MURVSAKIは、KOHHが2014年にリリースしたアルバム『MONOCHROME』の収録曲"Fuck Swag"のプロデューサーとして突如シーンに登場した夢幻SQUADの一員として突如シーンに登場した。

『Local World』がMURVSAKIやD.J.Fulltono、speedy lee genesisなどが出演しSPREADで復活開催

これまで世界各地で存在感を放つアーティストと日本のローカルアクトを招聘してきたパーティー『Local World』が、下北沢の新クラブSPREADで10/23(金)に復活開催される。

ralphがビートをDouble Clapperzが手掛けた新曲"Selfish"をリリース

グライムやドリルを昇華したスタイルで注目を集めているラッパーのralphが、新曲"Selfish"を明日リリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。