GoldLinkがMac Millerの剽窃を告発した件について「彼は俺の親友だった」と釈明

今週水曜日、昨年10月に命を落としたMac Millerが生前自身の楽曲を剽窃していた、との主張をGoldLinkが行い物議を醸したことが報じられた。騒動が大きな話題となる中、GoldLink自身がライブ中に自身のコメントについての釈明を行なっている。

Complexによると、GoldLinkは昨日開催されたライブにて「一つ言わせてくれ。Mac Millerはこの世界の中で一番の親友の一人だった。この業界の中で、今日に至るまでずっとな。Mac Millerがいなければ、GoldLinkも存在しなかった」として、自身があくまでMac Millerに対して感謝の気持ちを持ち続けていることを説明。続けて「俺は今、このクソみたいなことを繰り広げてる奴らの犠牲になってるんだ。言いたいことを好き勝手言ってくれよ(中略)知らない奴らが言うことなんて気にしない。Mac Millerについての投稿は全て愛についてのものだし、あいつは本当の兄弟のようだった。パクられたとか、そんなことについてじゃない。俺は“コピー”なんて言葉は使ってない。“盗まれた”とも言ってない。重要なのは、Mac Millerが『Divine Feminine』を作ったってことだ。素晴らしいアルバムだった。彼が作ってくれたケーキは、ゲームの中の若手だった時に最もハートウォーミングな出来事だった」「彼は俺が会った中で最もリアルな男だ。誰が何と言おうと気にしないよ」と、改めてMac Millerとの思い出を語っている。

問題となった投稿でもMac Millerと彼の交流や思い出は語られていたが、GoldLinkのアルバム『and after that we didn’t talk』とMac Millerの『Divine Feminine』の間に類似点があったことでGoldLink側に不満が生まれてしまったことが明かされていた。中でもGoldLinkの“Unique”とMac Millerの“Dang!”は共にAnderson. Paakをフィーチャーしているなどの部分が被ってしまっており、先に作られていたのが“Unique”だったためGoldLinkの中に猜疑心が生まれてしまったようであった。今回の騒動を受けてAnderson. Paakは「俺をフィーチャーしたのはお前が初めてじゃない」とGoldLinkを批判していたが、今回GoldLinkによってなされた釈明を受けた彼の意見も聞いてみたいところだ。

GoldLinkとMac Miller、二人の間の複雑な関係が垣間見える出来事であった。

related

Ariana Grandeが故Mac Millerについて「彼にとって音楽以上に大切なものは無かった」と語る

2018年に薬物の過剰摂取によって命を落としたMac Miller。生前の彼について、かつての交際相手であり先日はJustin Bieberとのコラボ曲”Stuck with U“をリリースしたAriana Grandeが語っている。

Lil Uzi Vert、Cardi B、Wiz Khalifa、Anderson .Paak、Bruno Mars、故Nipsey Hussleなどによるパフォーマンスを観ることができるバーチャルフェスが開催

ワーナー・ミュージック・グループは、WHO(世界保健機関)と国連財団が設立した「COVID-19連帯対応基金」を支援するため、初のバーチャル·ミュージック·フェスティバル『PlayOn Fest』を今週末に開催する。

Tom MischがQuarantine Sessionsの第三弾で故Mac Millerのカバー動画を公開|Tシャツも受注受付中

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、世界各国で外出自粛の動きが広がる中、『Quarantine Sessions (隔離セッション)』と題した動画シリーズで、音楽ファンに癒しと楽しみを届けているTom Misch。 Nirvanaの"Smells Like Teen Spirit"、Sola...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。