Y’s PINKと10匣の3シーズン目となるコラボコレクション | LOOKにはゆるふわギャングが登場

Y’s PINKと10匣(TENBOX)が、「いまの気分」で選んだストリートカルチャーをテーマにした枠にとらわれないコラボレーションが3シーズン目を迎えた。カリフォルニア州サンフランシスコ・テンダーロインのストリートをテーマに、アウターからシューズまでフルコーディネートが可能なアイテムを、ユニセックスに提案。LOOKモデルにはゆるふわギャングが登場している。

ブラックとイリディセントカラー(玉虫色)のリバーシブル仕様のブルゾンは、80年代のサーフウェアブランドをオマージュ。印象的にプリントされた両者のロゴが、ブラック側ではスリーブやネック周りに、イリディセントカラー側ではバックスタイルに鮮やかに施されている。ダメージやユーズド加工も今季のコラボレーションを特長づけるデザインの一つ。ニットセーターは、リブ付近のみ穴を開け自然なダメージ感を出し、ボディやスリーブはあえて加工はせず経年変化(穴開き、引っ掛け)で着古す楽しみの余白を残したデザインに。胸についたオリジナルワッペンは両ブランド名から「P」と「T」を組み合わせてる。

フーディーは洗いをかけて生地端が擦り切れたように加工を施し、少し掠れたフェードカラーの色合いなど、テンダーロインの街で散見されるディテールをデザインに落とし込んだ。

古着のワークパンツをリメイクしたボトムには、使い古したボトムを端きれや使い古しの布で補強・補修するように、ヨウジヤマモト社のアーカイブファブリックを使用した贅沢でデザイン性の高いパッチ(あて布) が、縫い合わせたり、穴をあけ接いだり、箇所により手法を変えたパッチワークで施した。

ワッペン付きでトラディショナルな印象のソックスは、ダークネイビーとブラックで1組になり、左右で微妙に異なるカラーリングで使い古されたアイテムのような表現に。またオリジナルの王冠をモチーフにしたバックルベルトや、ピンクとイエローの蛍光カラーが目を引くマジックテープ式のスニーカー(23cm-28cm)が、アイテムとしてコラボレーションに初登場となった。80年代当時の雰囲気を演出したネームタグは、ブルゾン、フーディーのほか、シューズにもアタッチされた。

Y’s PINKと10匣のコラボコレクションは、11/22(金)より、日本国内のY’s全店舗とオンラインブティックで購入可能だ。

Info

お客様お問い合わせ先: ワイズ プレスルーム
TEL 03-5463-1540 Y’s http://www.yohjiyamamoto.co.jp/ys/

related

『夏の魔物』によりKOHHやTohji、ゆるふわギャング、5lack、SEEDA、Jin Dogg、鎮座DOPENESSなどが手塚プロのキャラクター化

YouTubeにて10/19(月)~10/23(金)、幕張メッセイベントホールで10/24(土)~10/25(日)に開催される『夏の魔物』による新シリーズ『夏の魔物SPECIAL MAMONOISM』が手塚プロダクションにアートワークを依頼し、描き下ろしされた出演者イラストが公開となった。

【コラム】A New Form of Japanese Rap 2020|交差するラップとレイヴ

トラップのビートが一つのスタンダードとなり、メインストリームからアンダーグラウンドまでありとあらゆるシーンを席巻して何年も経つ。現行のラップミュージックのビートは大雑把に「ブーンバップ」と「トラップ」に二分されることが多いが、もちろんその大きな括りの中で様々なサブジャンルが生まれては消えることを繰り返している。

NENEの『夢太郎』 とゆるふわギャング、ヘンタイカメラ♥、YOU THE ROCK★による『GOA』がレコード化

NENEが7月にリリースしたソロとしての2nd作『夢太郎』 と、ゆるふわギャング、ヘンタイカメラ♥、YOU THE ROCK★によるEP『GOA』が揃ってアナログレコード化されることになった。 『夢太郎』はAwichやNIPPS、Ryugo Ishidaが参加し、NENEの才能が様々な方向にス...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。