ReebokからデザイナーIan PaleyとコラボしたZIG KINETICA CONCEPT TYPE 1が発売

ReebokからデザイナーのIan Paley(イアン・ペイリー)とコラボレーションし、 2009年にランニングシューズとして登場したZIG(ジグ)をベースに、 ファッション向けにアップデートしたZIG KINETICA CONCEPT TYPE 1(ジグキネティカ コンセプトタイプ1)が11月8日(金)、 12月4日(水)に発売される。

ZIG KINETICA CONCEPT TYPE 1  ¥19,800(税込)2019年11月8日(金)発売
ZIG KINETICA CONCEPT TYPE 1 ¥19,800(税込)2019年12月4日(水)発売

 

リーボックは、 これまでも空気でフィット感を調整する『インスタポンプフューリー』を始め、 パフォーマンスを最大に発揮するため、 独自の斬新なテクノロジーを搭載したシューズを発表してきた。 特に、2009年にランニングシューズとして登場した初代ZIGは、 アウトソールのジグザグ形状が高い推進力を生み出すことから、 ドーピングシューズ(=反則)と呼ばれ、 あるマラソン大会では着用が禁止になるほど、 高いパフォーマンス力を誇ったシューズだ。

ZIG KINETICA CONCEPT TYPE 1は、 常に先進テクノロジーを採用してきたリーボックらしい、 唯一無二のユニークで斬新なZIG本来のデザインに加え、 厚く透明なミッドソールがスタイリッシュなルックを実現。 三層構造のZIG Energyシステムに加えて、Ian Paleyのデザインによるアッパー部分には、フィット感を調節できるガイダンスバンドと、通気性を高めたマイクロベントメッシュを採用。スタイルと高いパフォーマンス性を兼ね備えた一足となっている。


今回開発されたZIG KINETICAは、 フロートライドフューエル(高反発フォーム剤)、 エナジーシェル、 エナジーバンドアウトソールをあわせた3層構造のZIG Energy システムを搭載し、 これにより前に進む推進力のエネルギーロスを抑えることが可能。 また、ジグザグになっているアウトソールは高いクッション性を備えているだけでなく、 13度に開くことで、 更に前に進む推進力を増幅させることができる。




Info

販売店舗
・ABC MART Grand Stage 銀座 / ABC MART Grand Stage 原宿
・BILLY’S ENT TOKYO SHIBUYA
・リーボック オンラインショップ
・リーボックストア 渋谷
・リーボック クラシックストア(原宿、 HEP FIVE)
・アトモス ハラジュク / atmos BLUE Omotesando / atmos Shibuya / GR8 / KICKS LAB. / mita sneakers

リーボック アディダスグループお客様窓口
0570-033-033 (電話受付 平日9:30~18:00)
https://reebok.jp/

related

『POP YOURS』のYouTube生配信が決定

5月21日(土)、5月22日(日)の2日間、千葉・幕張メッセ国際展示場9〜11ホールで開催される国内最大規模のヒップホップフェスティバル『POP YOURS』。

POP YOURSとZOZOTOWNのコラボTシャツが発売 | ビジュアルにはeydenが登場

明日5/21(土)から開催される『POP YOURS』とZOZOTOWNを運営するZOZOのコラボレーションアイテムが解禁された。

ビートメイカーのMori ZentaroがEP 『Hue』をリリース | Daichi Yamamotoが参加した"Muddy Water"のミュージックビデオも公開

アーティストコレクティブSoulflexを率い、同じくSoulflexに所属するSIRUPや向井太一、iri、MALIYAなどへ楽曲提供を行っているビートメイカー・プロデューサーのMori Zentaroが本日5/18(水)に初のEP 『Hue』をリリースした。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。