Lil Nas Xが少年時代に自身のセクシュアリティに対して感じた苦しみを明かす

“Old Town Road”で全米チャートの歴史を塗り替える19週連続1位という記録を達成し、さらに6月の終わりに自身のセクシュアリティをカミングアウトして話題を呼んだLil Nas X。そんな彼が、ゲイであることによって少年時代に苦しい思いをした経験を明かしている。

Complexによると、Lil Nas Xはテレビ番組CBS This Moriningの今週月曜日に公開されたティーザー映像にて、「10代の頃、俺はただ祈っていて、祈り続けるだけだった。いつかこれが消えてくれるようにな。俺が今いるような立場だったら、それは簡単なことだ。でも、ここから10マイルも離れたところにいるような普通の少年にとって、それは良いものじゃないんだ」と語っている。彼が現在のような人気アーティストになる以前の少年時代には自分自身という存在に酷く苦しんでいたようだ。

続けて「でも、俺はそれがいつだって助けになってくれると思うんだ。俺たちはまだ長い道のりを歩んで行かなきゃいけない。だって、学校で俺の曲を聴いているような人が“お前はあいつの曲を聴いてるからゲイだ”なんて言われてしまうから。だから、まだやるべきことは沢山ある。それでも、いつかそれが助けになると信じてるよ」として、彼自身も含めた同性愛者たちが立ち向かっている厳しい現状に触れつつも、現在の活動が未来に対して希望を与えるものだと信じている様子を見せた。

Lil Nas Xは当初セクシュアリティについて「墓場まで持って行くことも考えた」としながらも、「多くの人に扉を開く事になる」という可能性を考えカミングアウトに踏み切ったと発言している。未だにLGBTQに対する差別は存在し続けているが、彼に共感するファンが増えることによってそのような状況も変わって行くのかもしれない。

Lil Nas Xが出演するCBS This Morningはアメリカ時間で今週火曜日朝に放送される。予告では地元アトランタの高校を彼がサプライズ訪問する様子も公開されており、こちらの内容にも期待だ。

related

EminemをフリースタイルなどでディスするムーブメントがTikTokで流行|Lil Nas Xが苦言を呈する

セレブたちの問題行動や問題発言を取り上げ、その人物をボイコットする「キャンセルカルチャー」は、力を持つセレブや企業に対する抑止力として働くと同時に、小さな事柄がその人物の進退にまで影響を与えること、そして本質的かつ効果的でない方向に過激化していることが問題視されている。今回、Eminemが若いネットユーザーからキャンセルの標的とされていることが大きな話題を呼んでいる。

Lil Nas XがクィアアーティストとしてのTyler, The CreatorとFrank Oceanからの影響を語る

昨年のLGBTQプライド月間の終わりにカミングアウトを行い、ゲイであることを公言しながら活動を続けているLil Nas X。そんな彼が、新たに公開されたインタビューの中でカミングアウトの際にTyler, The CreatorとFrank Oceanの二人から受けた影響について語っている。

Lil Nas Xがアルファベットを学べる絵本『C Is for COUNTRY』を執筆

“Old Town Road”や『7』以来まとまった作品をリリースしておらず、新作を待たれているLil Nas X。そんな彼が、なんと児童書を執筆し出版する予定であることが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。