Billie EIlishの“bad guy”が全米チャート1位となりLil Nas X“Old Town Road”の連続1位が終わる

先月末に17週連続1位という全米チャート始まって以来の記録を樹立し、歴史に名を刻んだLil Nas Xの“Old Town Road”。その後2週間に渡って1位に残り続けた同曲が、今週のチャートでついに3位にまで落ちたことが明らかになった。

今週月曜日に発表されたBillboardチャートで、Billie Eilishの“bad guy”がリリースから4ヶ月経過したタイミングで1位に。それに伴って、“Old Town Road”の19週に渡った連続1位が終わることとなった。

続いてShawn MendesとCamila Cabelloの“Senorita”が2位にランクイン。“Old Town Road”は3位につけている。

この結果を受けて、Lil Nas XはTwitterで「おめでとうBilli Eilish!」とコメント。連続1位が終わったことに対するネガティブな感情は無いらしく、いかにもLil Nas Xらしい。

いずれにせよ、“Old Town Road”の連続1位を終わらせたのが同世代のスターであるBillie Eilishの楽曲なのは今のシーンを象徴するような出来事だといえる。“Old Town Road”の19週連続1位という驚異的な記録を破る楽曲は、果たして今後現れるのだろうか?

related

EminemをフリースタイルなどでディスするムーブメントがTikTokで流行|Lil Nas Xが苦言を呈する

セレブたちの問題行動や問題発言を取り上げ、その人物をボイコットする「キャンセルカルチャー」は、力を持つセレブや企業に対する抑止力として働くと同時に、小さな事柄がその人物の進退にまで影響を与えること、そして本質的かつ効果的でない方向に過激化していることが問題視されている。今回、Eminemが若いネットユーザーからキャンセルの標的とされていることが大きな話題を呼んでいる。

Billie Eilishのドキュメンタリー『ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている』がApple TV+で来年2月に世界公開

Billie Eilishの素顔を追うAppleオリジナルドキュメンタリー『ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている』が、Apple TV+にて2021年2月26日に世界公開される。

Lil Nas XがクィアアーティストとしてのTyler, The CreatorとFrank Oceanからの影響を語る

昨年のLGBTQプライド月間の終わりにカミングアウトを行い、ゲイであることを公言しながら活動を続けているLil Nas X。そんな彼が、新たに公開されたインタビューの中でカミングアウトの際にTyler, The CreatorとFrank Oceanの二人から受けた影響について語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。