ブラジルのグラフィティアーティストをテーマにしたドキュメンタリーの上映が決定

ブラジルのグラフィックアーティストを半年間取材したドキュメンタリー映像作品『グラフィテイロス』が、東京・池袋のブックギャラリーポポタムで10/25(金)から3日間限定で上映される。

映像は東京で活動するグラフィックデザイナーの編者がブラジルの4都市を巡り、5人のグラフィテイロ(ブラジルのグラフィティライターの呼称)へのインタビューを通し彼らが街へ出て描くその背景と今にせまる内容となっている歪んだ社会に抗いながら混沌の波を巧みに乗りこなす彼らを通して、ストリートカルチャーを読み解く。あわせて、ブラジルに於けるグラフィティの在り方や、そこで出会ったアーティストたちの思想を都市論に結びつけながら描くドキュメンタリーコミックやZINEも販売する。

また野中モモや五十嵐太郎、鈴木裕之をゲストに招いたアフタートークも同時に開催、コミック/映像/トークを通してブラジルを多角的に読み解く。

上映の他にも、ブラジルに於けるグラフィティの在り方や、そこで出会ったアーティストたちの思想を都市論に結びつけながら描くドキュメンタリーコミックの展示やZINEの販売、トークショーなどが行われる。

Info

イベント参加には事前の予約が必要です。
予約:popotame.com

日時
10/25金19:00 – 21:30
10/26土17:00 – 19:30
10/27日17:00 – 19:30
『グラフィテイロス』の上映(70分)とアフタートーク(70分)のセットでのイベントとなります。
イベント時間以外は通常営業となります(コミック、ZINEの販売は行います)。

料金
1500円(+税) + ワンドリンクオーダー

定員
各回30名

お問い合わせ
info@trashtalkclub.com

会場
ブックギャラリー ポポタム

東京都豊島区西池袋 2–15–17

TEL03-5952-0114
MAILpopotame@kiwi.ne.jp
WEBhttp://popotame.net
期間中ショップ営業時間

10/25金13:00 – 19:00
10/26土13:00 – 17:00
10/27日13:00 – 17:00

related

京都・出町座での特集上映『肌蹴る光線 —あたらしい映画—』で清原惟やジョナス・メカスの作品など5作品を上映

京都の映画館・出町座で上映シリーズ『肌蹴る光線 —あたらしい映画—』特集が、8/21(金)から開催される。

UKの文化「カジュアルズ」の黎明期を描いた2009年の映画『アウェイデイズ』の日本公開が決定

1979年のマージーサイドを舞台に、破滅的な若者たちと、英国フットボール発祥の文化“Football Casual(カジュアルズ)”の黎明期を描いた2009年本国公開のイギリス映画『アウェイデイズ』が、2020年10月16日(金)より新宿シネマカリテほかにて日本初公開される事が決定した。

空族の特集上映『空族リターンズ 2020』が8月に開催 | 『バンコクナイツ』や『サウダーヂ』など全作品を上映

『バンコクナイツ』や『サウダーヂ』などの作品で知られる映像制作集団・空族の特集上映『空族リターンズ 2020』が、8/22(土)から8/28(金)まで新宿 K's cinemaで開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。