Lil Nas Xの“Old Town Road”がヒットしたことでボストンの町にある“Old Town Road”という道路標識が盗まれる

全米シングルチャートで史上最長の1位を記録し、当代きっての大ヒット曲となったLil Nas Xの“Old Town Road”。小学生が同曲を大合唱するなど微笑ましいニュースもある一方で、中には心無いファンもいるようだ。

XXLによると、マサチューセッツ州ボストン周辺のウェレスリーにある“Old Town Road”という道路標識が、Lil Nas Xの楽曲が大ヒットして以来何度も行方不明になってしまっているという。ウェレスリーの役所の職員であるStephanie Hawkinson氏は、ここ4ヶ月で周辺の道路標識6つが盗まれてしまったことを報告している。

道路標識一つあたりの交換には250〜280ドル(日本円で約3万円弱)という値段がかかってしまい、複数個が盗まれてしまった場合そう安くない支出が発生してしまうこととなる。Hawkinson氏は「面白半分のいたずらだとは思いますが、標識の交換は高価です」として、「“Old Town Road”の人気が落ち着いて、標識がもう少しだけ長持ちすることを願っています」と語っている。

公共物には市民の税金が使われているため、いたずらのために無駄な出費が出れば迷惑する人も多いはず。その上道路標識が無くなってしまえば事故の可能性も有り得る。いずれ “Old Town Road”の人気が落ち着きけば、標識は盗まれなくなるのだろうか。

RELATED

Nine Inch NailsのTrent Reznorが自身の楽曲をサンプリングしたLil Nas Xの“Old Town Road”について語る

全米シングルチャート史上最も長期間1位を記録した楽曲として歴史に名を残すなど、今年を代表するヒット曲となったLil Nas Xの“Old Town Road”。バンジョーを用いたカントリーテイストのトラックが印象的な同曲だが、バンジョーのサンプルはカントリーではなくNine Inch Nailsの楽曲からサンプリングされたものである。そんな“Old Town Road”を、サンプリングされたNine Inch NailsのTrent Reznorが初めて聴いた際の感想を明かし話題となっている。

Lil Nas Xが少年時代に自身のセクシュアリティに対して感じた苦しみを明かす

“Old Town Road”で全米チャートの歴史を塗り替える19週連続1位という記録を達成し、さらに6月の終わりに自身のセクシュアリティをカミングアウトして話題を呼んだLil Nas X。そんな彼が、ゲイであることによって少年時代に苦しい思いをした経験を明かしている。

Young M.AがLil Nas Xのカミングアウトについて「賢いやり方だった」と語る

“OOOUUU”でブレイクを果たし、またレズビアンであることを公言していることでも知られるラッパーYoung M.A。そんな彼女が、先日ゲイであることをカミングアウトし話題を呼んだLil Nas Xについての持論を語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。