Lil Nas Xが「一日だけTwitterのCEOになる」とツイート|「CEOになってネオナチを凍結してくれ」との声が寄せられる

“Old Town Road”が史上最も長く全米シングルチャート1位を記録した楽曲の一つになるなど、世代を代表するスターとなりつつあるLil Nas X。そんな彼が、自身の出自でもあるTwitterについて興味深い発言を行い話題を呼んでいる。

Complexによると、Lil Nas Xは先週金曜日に「俺はTwitterの運営になって、一日だけJack Dorseyの代わりにTwitterのCEOになるよ。みんなはnae naeのダンスをするか、アカウントが凍結されるリスクを背負うんだ」とツイート。

この発言にはJack Dorsey本人も反応し、一言「CEO Remix」との言葉を添えて引用リツイートしている。

このLil Nas XとJack Dorseyのやりとりには多くの人が反応し、俳優のSeth Rogenは「白人至上主義者のために何かしてくれよ」とLil Nas Xに呼びかけた(現在はツイートが削除されている)。他にも「Lil Nas Xはナチスを凍結する勇気を持っていると思うよ」とする者や、「ナチを凍結してくれるなら歓迎する」という声が集まっている。

これらの背景にはTwitter上に差別的な発言を行うアカウントが多数存在していながら、彼らに対する十分な対策が行われていないという現状がある。以前もJack Dorseyは「表現の自由」などを理由にレイシストのアカウントを削除しない意思を表明しており、多くの批判を浴びていた。

プライドマンスの終わりに合わせゲイであることをカミングアウトするなど多様性への理解があるLil Nas XがCEOになれば、Twitterが現在よりも優しく居心地の良い空間になるのかもしれない。

RELATED

Lil Nas Xが自身の悲しみに対する対処法を語る

“Old Town Road”の大ヒットによって、文字通り今年の顔となったLil Nas X。最新EPの『7』もグラミー賞にノミネートされ、名実ともにスターの仲間入りを果たした彼だが、そんな彼も1人の人間。常に幸せなわけではないようだ。今回、Lil Nas Xは自身のTwitterで、悲しみへの対処法を明かしている。

Lil Nas Xの“Old Town Road”が2019年のカントリーミュージック協会賞を受賞

史上最も長く全米シングルチャート1位を記録するなど、今年を代表するヒット曲となったLil Nas Xの“Old Town Road”。カントリーの要素を取り入れた同曲は当初全米カントリーチャートにランクインしたものの後にランキングから外される、といった騒動でも話題を呼んだが、そんな“Old Town Road”が今回アメリカのカントリーシーンで最も権威ある賞の一つであるカントリーミュージック協会賞(CMAアワード)を受賞した。

Nine Inch NailsのTrent Reznorが自身の楽曲をサンプリングしたLil Nas Xの“Old Town Road”について語る

全米シングルチャート史上最も長期間1位を記録した楽曲として歴史に名を残すなど、今年を代表するヒット曲となったLil Nas Xの“Old Town Road”。バンジョーを用いたカントリーテイストのトラックが印象的な同曲だが、バンジョーのサンプルはカントリーではなくNine Inch Nailsの楽曲からサンプリングされたものである。そんな“Old Town Road”を、サンプリングされたNine Inch NailsのTrent Reznorが初めて聴いた際の感想を明かし話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。