Cardi Bが次期大統領候補バーニー・サンダースのキャンペーンビデオに参加

反トランプの姿勢を強く打ち出し、自身のファンに向けて政治への意識を高めるよう啓蒙活動も行なっているCardi B。そんな彼女が来年の大統領選に向けて、以前より支持を表明している民主党側の大統領候補バーニー・サンダースのキャンペーンビデオに参加したことが明らかとなった。

Cardi BはInstagramにバーニー・サンダーズとテーブルを挟んで対話している写真を投稿。キャプションで「私じゃなくて、私たち。サンダース議員、私に国を変えるプランを話してくれてありがとう。数週間前、みんなに民主党の候補者に聞きたいことを募集したよね?沢山の意見があったし、その中から特に人気だった質問を選んだ。彼が経済、人種、社会正義のためにどう戦うか見ておいて。若者みんなで国を変える動きを起こそう。私たちの候補者を学ぼう!」と語っている。

Complexによればこの写真はデトロイトで行われたサンダース候補のキャンペーンビデオの一幕だったようで、Cardiが自身のフォロワーから募集した質問を直接的にサンダース候補にぶつける、という内容の動画が公開されるようだ。

サンダース候補は人気番組『Jimmy Kimmel Live!』に出演した際に、Cardi Bについて「彼女はとても頭が良く、この国で起こっていることを深く心配しています。それは本当のことです。彼女は大変なバックグラウンドを持ち、貧困の中で暮らし、苦労することがどんなことか知っていて、労働者のためにこの国を良くすることが出来ることを証明してほしいと願っています。私は、彼女にサポートされて光栄です」と語っており、Cardi Bのファンのような若者たちの意見を積極的に取り入れることを表明している。

2016年の大統領選に立候補した際にも若者から強い支持を受けていたバーニー・サンダース。トランプ大統領に対抗した彼が大統領選でどれほどの成果を残すことが出来るか、今から注目である。

related

City Girlsが「女性の性的なリリックが批判されるのは男性が女性を恐れているから」と語る

先日、Cardi BとMigan Thee Stallionによるコラボ曲”WAP“のリリックがCeeLo Greenによって批判されたことが大きな話題となった。性的な言葉を多分に含む楽曲が議論の対象となる中、先述の二人と同じくセックスポジティブなリリックを特徴とするCity Girlsの二人が、これらの批判について持論を語っている。

CeeLo GreenがCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”を「今の音楽は恥知らずで野蛮」と批判

先週金曜日にリリースされ、既に大ヒットとなっているCardi BとMigan Thee Stallionのコラボ曲“WAP”。いかにも二人らしいエロティックなリリックも話題を呼んでいるが、そんな中、Goodie Mobbなどでの活動で知られるレジェンドCeeLo Greenが“WAP”を批判し物議を醸している。

Cardi Bが現在マネジメントをつけずに活動していることを明かす

ここ最近は目立ったリリースなどは無いものの、既にスターとしての地位を確立しているCardi B。そんな彼女が、現在の活動形態についての事情を明かし話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。