Jay-Zがマリファナビジネスに参入か|マリファナブランドCalivaの戦略家に就任したことが明らかに

先日にはラッパーとして史上初となる10億ドル以上の総資産を持ったことが報道されたJay-Z。そんな彼が、また新たなビジネスに着手したようだ。

Complexが報じるところによると、Jay-Zはカリフォルニアのマリファナ企業Calivaとパートナーシップ契約を結んだという。Calivaの発表によればJay-Zは今後同ブランドのストラテジスト(戦略家)を務め、今後Calivaをクリエイティブな方向に導くことが期待されているとのこと。

プレスリリースには「何をするにしても、俺は正しく高いレベルのことをやりたい。マリファナビジネスのあらゆる潜在的な可能性において、Calivaはその専門知識と精神性によって最高のパートナーになる。素晴らしいものを作り、その過程で楽しみ、良いことをして、人々を導く」というJay-Zの声明が掲載されている。

先日にはWiz KhalifaがカナダのマリファナブランドSupreme Cannabisと手を組みカンナビスオイル「KKE」を販売することが報じられ、またPost Maloneも自身のマリファナブランド「Shaboink」を立ち上げることがアナウンスされた。それら若手ラッパーの動きに負けじとばかりに大麻ビジネスに参入したJay-Zだが、果たしてビジネスでも彼らに格の違いを見せつけることは出来るのだろうか?

related

マリファナが新型コロナウイルスの感染防止に効果的であるとする研究がカナダで発表される

新型コロナウイルスことCOVID-19の治療薬やワクチンの研究が日夜進められている昨今。そんな中、新型コロナウイルスの感染抑制に大麻が効果的であるとする研究がカナダから発表された。

RihannaとJay-Zが新型コロナウイルス被害の救援のため200万ドルを寄付

世界的に猛威を振るい、各国でロックダウンが行われるなど深刻な被害を出している新型コロナウイルス。経済的な意味でも打撃を与えている中、Jay-ZとRihannaが救援のために寄付を申し出たことが話題を呼んでいる。

Jay-ZとBeyonceがスーパーボウルの国歌斉唱にて起立しなかったことが物議を醸す|コリン・キャパニック選手は批判の投稿をリポスト

昨日開催されたアメリカのエンターテイメント最大の祭典であるNFLスーパーボウル。以前よりNFLによる人種差別とハーフタイムショーの出演アーティストが議論を呼び続けてきたが、そんな中、昨日のスーパーボウルに出席していたJay-ZとBeyonceの夫妻がとった行動が物議を醸している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。