Kid Cudiが『クィア・アイ』をきっかけに女装に興味を示す|ドラッグクイーンによるチャリティショーを企画

ジョーダン・ピール監督の映画『Us』をファンと一緒に観ようと映画館を丸ごと貸し切るなど、独特な行動力を持つことでも知られるKid Cudi。そんな彼が、Netflixの人気シリーズ『クィア・アイ』がきっかけで女装に興味を示している。

『クィア・アイ』は様々なジャンルのエキスパートであるゲイの男性5人「ファブ5」が、様々な事情を持つ人々のファッションやライフスタイルを改造するという人気ドキュメンタリー。BuzzFeedによると、Kid Cudiは「ファブ5」のフード担当のアントニがゲイ・プライドを記念して女装をしている姿を見て深く感動したそう。

その後、Twitterにて「『クィア・アイ』のアントニが女装をするのを見て、俺もやりたいと思った。俺が女装したら格好悪い?ハハハ、そう思う?俺はファビュラスな男になりたい」と発言。

このツイートにはかなりの反響が寄せられ、一人のユーザーが「やってよ。ショーをチャリティにしたらどう?何人かのドラッグクイーンとショーをやって、チケットやチップをLGBTQに寄付したら?」とリプライ。するとKid Cudiは「素晴らしいアイデアだ!ルポールも参加してくれるかな?」と乗り気な様子を見せた。


ちなみに、「ドラッグクイーンとしての名前は何にするの?」という質問には「うーん、素晴らしい質問だね!まだ分からないよ!」と回答している。

Kid Cudiによるドラッグクイーンショーがいつ開催されるかどうかはまだ未定だが、このような柔軟な行動力がKid Cudiの魅力であることは間違いない。

RELATED

Kid Cudiが新作『Entergalactic』に合わせてNetflixでアニメシリーズを制作

現在、Kanye Westとのコラボ作『KIDS SEE GHOSTS』以来となるニューアルバム『Entergalactic』を制作中であるKid Cudi。そんな彼が、アルバムに合わせてNetflixでアニメシリーズを配信することが報じられている。

Netflixが「ジョージア州で妊娠中絶規制法が施行された場合同州への投資を再考する」と発表

アメリカの南部で次々と成立している妊娠中絶規制法案。アラバマ州では性的暴行などによる妊娠も含め人工中絶を全面的に禁止する法案が可決された他、ジョージア州、ルイジアナ州などでは胎児の心音が確認された場合の中絶を禁止する通称「ハートビート法」が議会を通過。女性に対する人権侵害であるという声や、そもそも合衆国憲法の規定に反しているとの批判が相次いでいる。そんな中、ジョージア州で多くのコンテンツを制作しているNetflixが、同法が施行された場合ジョージア州での事業を撤退する可能性を示唆している。

『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』|大麻と音楽や人種差別の歴史、そして合法化の先を描くドキュメンタリー

先日4月20日、Netflixにてドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』の配信が開始された。このドキュメンタリーはヒップホップレジェンドであるFab 5 Freddyが監督と案内人を務め、アメリカにおける大麻の過去と現在を紐解いていくものである。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。