Kid Cudiが映画『ゲット・アウト』の監督の新作を観るために映画館を丸ごと貸切にする

人種差別をテーマにしたホラー映画『ゲット・アウト』は多くの黒人やラッパーたちから支持を集めたことで話題となった。Chance The Rapperが同作を気に入るあまり上映館の座席を買い占めファンにプレゼントしたことも話題となったが、今回、『ゲット・アウト』の監督であるジョーダン・ピールの新作『Us』を観るためにKid Cudiが豪快な行動に出たことが話題となっている。

XXLによると、Kid Cudiは『Us』を観るためにカリフォルニア州グレンデールの映画館Pacific Theatresをなんと丸ごと貸切にしたという。彼は昨夜、自身のTwitterにて「今何してる?LAのグレンデールのエリアにいる?今夜一緒に『Us』を観たくない?もし何もせずチルしてるなら、俺に会いに来なよ!Cudiのグッズやフィジカルのアルバムを一つ持って来てくれ」「映画館を丸ごと貸切にしたから、出かけよう!」とアナウンス。Kid Cudiのグッズやアルバムを持っていけば彼に会える上に無料で映画を観られる豪華なイベントを急遽開催した。

その後、続けて劇場に集まった人々の様子がアップされた。Kid Cudiのヴァイナルやグッズを手に持ったファンたちが大きな盛り上がりを見せている。

Kid Cudi自身が『Us』を観賞するのは二回目だったようだが、何度観ても楽しめる作品に仕上がっているようだ。

『Us』は黒人の一家が自分たちと全く同じ見た目をした謎の四人組に命を狙われる、というあらすじのホラー映画。『ゲット・アウト』とは異なるアプローチで、より正統派なホラーを追求した作品となっているそう。

日本での公開はまだ先のことになるが、Kid Cudiが猛プッシュする『Us』を是非ともチェックしてみてはいかがだろうか。

related

Kid CudiがTravis Scottとの制作から影響を受け「アップテンポな曲を作りたくなった」と語る

今年の4月、Travis Scottとのコラボプロジェクトとしてリリースされた“THE SCOTTS”が全米シングルチャートで1位となるなど大きな話題となったKid Cudi。そんな彼が、Travis Scottが自身に与えた影響について語っている。

バーニー・サンダース議員の選挙運動をめぐってヒップホップシーンでも様々な動きが|Kid Cudiが参加を公表し、Public EnemyはFlavor Flavを解雇

今日3月3日はアメリカ大統領選最大の山場の一つであるスーパーチューズデー。野党である民主党からの候補者が大きく絞られるこの重要な日を前に、ヒップホップシーンでも様々な動きが起こっている。

Kid Cudiが『ソニック・ザ・ムービー』を観るために再び映画館を貸し切りに

大の映画好きとしても知られるKid Cudi。以前はジョーダン・ピール監督による映画『アス』を見るために映画館を丸ごとレンタルし、ファンと共に観賞するイベントを開催したことで話題を呼んだが、そんな彼が再び映画館を貸し切りにしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。