Chance The Rapperがお気に入りの映画『Get Out』のシカゴでの上映館の座席を買い占め、ファンにプレゼント

Chance The Rapperは、すでにご存知の通り自身のアルバムを売らずにグラミー賞を獲得、新しい形のアーティスト像を開拓し続けている。そんなChanceはファンへのサービスをするときも、これまでにない形で提供することが多い。

例えば地元シカゴのレコードショップで、レコードを大量に買いそのまま街頭でファンに配ったり、また転売屋が高額で販売しているチケットを買い占め自身のサイトで正規の値段で売り直すなど、ファンやコミュニティーにダイレクトに影響するやりかたをとってきた。

そんなChanceが週末のシカゴでまた新しいファンサービスをやってのけた。

Chanceは公開されたばかりの映画『Get Out』のシカゴでの上映館Chatham 14 Theatersの本日分の座席を買い占めた、ファンに映画を楽しんでほしいとツイートした。

映画『Get Out』は、コメディアンのジョーダン・ピールによる初監督作となるホラーで、Chance自身も「すごい映画」だと絶賛していた。

Chatham 14 Theatersの『Get Out』が上映される劇場の座席数はわからないが、200~300席だとして、Chanceは1回の上映につき日本円で20万程度を出費したことになる。

iframe style="width:100%;height:155px;max-width:100%;margin:0 0 1.7rem;display:block;" src="http://hatenablog.com/embed?url=http://fnmnl.tv/2017/02/18/22885" width="300" height="150" frameborder="0" scrolling="no">

こうした常にサプライズを、ファンにとって最も嬉しい形で実現してくれるからこそ、その音楽性も含めChanceは愛されているのだろうか。

related

般若の長編ドキュメンタリー映画『その男、東京につき』が12月に公開

􏰔􏰧􏱧􏱨􏱩􏱪􏱫東京・三軒茶屋を拠点に􏰮􏰰􏲇􏰇􏰂􏲆􏱺􏱻􏲈􏰇􏱇􏱠􏲉􏰃􏰮􏰮􏰰􏲇􏰇􏰂􏲆􏱺􏱻􏲈􏰇􏱇􏱠􏲉􏰃􏰮􏰰􏲇􏰇􏰂􏲆􏱺􏱻􏲈􏰇􏱇􏱠􏲉􏰃􏰮􏰰􏲇􏰇􏰂􏲆􏱺􏱻􏲈􏰇􏱇􏱠􏲉􏰃、日本語によるラップにこだわり、その独特なリリックでヒップホップシーンだけでなく支持を集める般若の、長編ドキュメンタリー映画『その男、東京につき』が12/25(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

バイデン候補の次期大統領当確の報道にアーティストたちの様々なリアクション

トランプ大統領のクレームなどにより、バイデン候補の有利で進んでいたにも関わらず、中々当選確実の一報が出なかったアメリカ大統領選挙。本日未明にアメリカの報道各社が一斉にバイデン候補の当確のニュースを出した。

アフロフューチャリズムのきっかけを作ったサン・ラーが脚本、音楽、主演を務めた映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』が日本初公開

アヴァンギャルド・フリージャズシーンの重要人物で、後世のアフロフューチャリズムのきっかけを作った1人であるサン・ラーが、脚本、音楽、主演を務めた映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』が、2021年の1月29日(金)から日本初公開されることになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。