ゆるふわギャングとRyan Hemsworthがジョイントアルバム『CIRCUS CIRCUS』を今週リリース

コラボシングル"Fresh All Day"をリリースしたゆるふわギャングとRyan Hemsworthがジョイントアルバム『CIRCUS CIRCUS』を3/29(金)にリリースするとアナウンスした。

本日よりRyan HemsworthとGiraffageのプロデュースによるダンサブルなトラック"Shining"を先行配信、iTunesではアルバムのプレオーダーも開始。またアルバムリリースに伴い、Ryan Hemsworthとのアジアでのジョイントツアーも開催決定となった。4/12(金)よりソウル、香港、上海をまわり、国内では4/17(水) 福岡Kieth Flack、4/19(金) 渋谷WWW X、4/20(土) 大阪Circusでライブを行う。前売りチケットは、各プレイガイドで発売中だ。

Info

Artist: ゆるふわギャング & Ryan Hemsworth
Title: CIRCUS CIRCUS
Label: Mary Joy Recordings / Secret Songs
配信のみ
Track List:
1. Shining
2. Smokin’ Like A Yurufuwa
3. Westside
4. Fresh All Day
5. No Visa
6. Daydreaming
7. Vacation

<ツアー情報>

Yurufuwa Gang & Ryan Hemsworth Asia Tour
出演: ゆるふわギャング, Ryan Hemsworth

4/17 (水) 福岡 Kieth Flack
Open/Start: 19:00/20:00
前売りチケット: 3,000yen (available at ローソン[81341], LivePocket https://t.livepocket.jp/e/yurufuwagang-ryanhemsworth_417kf)

4/19 (金) 渋谷 WWW X
Open/Start: 19:00/20:00
前売りチケット: 3,000yen (available at チケットぴあ[146-883], ローソン[72784], e+, iFLYER, RA, WWW)

4/20 (土) 大阪 CIRCUS
Open/Start: 19:00/20:00
前売りチケット: 3,000yen (available at チケットぴあ[147-435], ローソン[53856], e+, Peatix)

related

【コラム】A New Form of Japanese Rap 2020|交差するラップとレイヴ

トラップのビートが一つのスタンダードとなり、メインストリームからアンダーグラウンドまでありとあらゆるシーンを席巻して何年も経つ。現行のラップミュージックのビートは大雑把に「ブーンバップ」と「トラップ」に二分されることが多いが、もちろんその大きな括りの中で様々なサブジャンルが生まれては消えることを繰り返している。

NENEの『夢太郎』 とゆるふわギャング、ヘンタイカメラ♥、YOU THE ROCK★による『GOA』がレコード化

NENEが7月にリリースしたソロとしての2nd作『夢太郎』 と、ゆるふわギャング、ヘンタイカメラ♥、YOU THE ROCK★によるEP『GOA』が揃ってアナログレコード化されることになった。 『夢太郎』はAwichやNIPPS、Ryugo Ishidaが参加し、NENEの才能が様々な方向にス...

XLARGEがゆるふわギャング&JNKMN&Lunv Loyalとの新曲"Hajimattenai"のミュージックビデオを公開

XLARGEが2020 FALL COLLECTIONのローンチに合わせて、ゆるふわギャングとJNKMN、Lunv Loyalによる新曲"Hajimattenai"のミュージックビデオを公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。