21 Savageが自身のことをアメリカ出身ではないとからかってきたラッパーとInstagram上で口論

今年2月、21 Savageがイギリス国籍であるにもかかわらずアメリカに不法滞在していたとして逮捕され、大きな騒動となったのは記憶に新しい。Jay-Zをはじめとする多くのアーティストの助けもあってか、現在は無事釈放された彼だが、当時インターネット上には彼に関するミームや不謹慎なジョークが溢れかえっていた。そのような状況も、事件から数ヶ月経った今となっては落ち着いたとみられていたが今回、21 SavageがInstagram上で自身をからかってきたラッパーと口論を繰り広げた。

昨日、21 SavageはInstagramに自身が表紙を飾るPaper Magazineの最新号の写真を投稿。キャプションには「俺は東から来た。俺たちはダイアモンドのグリルズなんて付けない。ゴールドのグリルズしか付けない」と綴られており、自身の出身地イーストアトランタをレペゼンしている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

I’m from the east we don’t wear diamond grill we slugged up @papermagazine ❤️

Saint Laurent Donさん(@21savage)がシェアした投稿 -


そんな中、@pariss_darapperというユーザーが投稿に対し、「あなたは騎士と剣があるイギリス出身よ」と21 Savageをからかう返信をしたところ、彼が反応。
「お前はトラックドライバー、そしてラッパーだ」とあおり返している。@pariss_darapperのページを見てみると、女性のユーザーのようでプロフィール欄には確かにトラックドライバー、ラッパーと書かれており、21 Savageはこれを元にしたと思われる。

軽い出来心だったとしても、彼の事を笑うのはナンセンスであり、それは事件から数ヶ月経った今も変わらない。実際、Demi Lovatoが当時、21 Savageに関するジョークを「面白い」と発言し、多くのアーティストから批判を浴びたことは記憶に新しい。

また、最新号のPaper Magazineのインタビューで21 Savageは自身が拘禁されていたときのエピソードを語っている。「ほぼ2週間の間、俺は子供達に会えなかった」と語った彼は続けて「拘置所には数ヶ月間、数年もの間座り続けて、家族に会えない人達がいる。そして、彼らの内の何人かは彼らが本当に住んでいなかった場所に一晩中送り出され、二度と家族に会うことはないんだ」と拘置所の現状について語り、家族という存在の重要性を説いた。

彼のインタビューはこちらから読むことが出来る。

related

21 SavageがInstagramライブでR&Bの名曲たちを熱唱

世界的に自宅で過ごす人が多かったであろう先週末。外出が難しくなったことを受けて各々が自宅での楽しみ方を模索する中、21 SavageがInstagramライブでコンサートを開催した。といっても自身の曲を歌うのではなく、R&Bの名曲たちのカバーを披露したのである。

Young Chopが突如21 Savageをディス

Chief Keefの楽曲を手掛けていることなどで知られるプロデューサー、ラッパーのYoung Chop。そんな彼が、突如として21 Savageにビーフを仕掛けたことが話題を呼んでいる。

グラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞した21 Savageの “a lot”のビートが1時間で作られたことが明かされる

いよいよやって来たグラミー賞発表の季節。ヒップホップファンにとってきになる賞はやはり最優秀ラップアルバムと最優秀ラップ楽曲だが、今年は21 SavageとJ. Coleの“a lot”が最優秀ラップ楽曲賞を受賞。そんな同曲のビートが、わずか1時間で作られたものであることが明かされている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。