Frank OceanがDAZEDの企画でRex Orange County、Arca、Jpegmafiaらからの質問に答える

4月に公開されたGayletterのロングインタビューに続き、Frank Oceanが様々なアーティストからの質問に答えるというインタビュー企画『The world according to Frank Ocean』がDAZEDによって行われた。

質問の内容はFrank Oceanの私生活や好きな作品、制作についてなど多岐に渡っている。『ピンク・フラミンゴ』などで知られる映画監督のジョン・ウォーターズは「今まで観た中で一番頭のおかしい映画は何?」と質問しており、Frank Oceanは「『ニンフォマニアック』だ。最近観た中で一番狂ってるよ」と答え、「サントラを作ってみたい映画はある?」という質問には『戦場のメリークリスマス』と答えている。映画好きのFrank Oceanらしい回答だ。

他にも、Rex Orange Countyの「一番大事にしているフィジカルの物は何?」「好きな季節は?」という質問にはそれぞれ「ハードディスクドライブ」「ニューヨークの秋かな」と回答。また、Arcaによる「FrankとChristopher(彼の本名)にはどんな似てる部分や違う部分がある?」という質問には「Christopherは三角波、Frankはパルス波なんだ。僕は小さなシンセサイザーなんだよ」と独特の表現で自己のオルターエゴを説明している。

Jpegmafiaは「レーベルとの関係を終わらせたときどう感じた?年寄りの白人どもはいつも同じことをしてくるけど、やつらに甘い汁を吸わせたときどう思った?そして、『Endless』のビデオで何を表現した?俺も出られたかな」と質問。これはFrank OceanがDef Jamとの契約を満了するために『Endless』を作り、その後『Blonde』を自主でリリースしたことについて触れている質問のようだ。Frankは「このことについて数年間話してこなかったから、今この話をするのがとても楽しいよ。もちろん、レーベルの誰にも言えなかった。Appleの人にも話していない、業界は小さすぎるし間違いなくレーベルにも伝わるから。だから、僕自身の中と周りの人の間で留めておいた。リークされたくなかったから、作品をオンラインに上げずHDDに入れて持ち歩いてた。ファイルがリークされたら、自分でやりたかったことと違う形で物事が進んでしまう。8月が来て、2つのプロジェクトをアップロードした時は本当に嬉しかったよ。12時間は寝たかな」と、『Blonde』をサプライズリリースするために周到な準備を重ねて来たことを明かしている。

さらに、なんとNile Rogersからの「『Channel Orange』のアナログはいつ出る?」という質問には一言「なるべく早く」と答えている。いつになるかは分からないが、ヴァイナルのリリースに向けて動いてはいるようだ。

Frank Oceanのファンならずとも必読な今回のインタビューはこちらから読むことが出来る。

related

Calvin Kleinが 「#proudinmycalvins 」のキャンペーンビジュアルを公開 | ArcaやHoney Dijonなどが登場

Calvin Kleinが LGBTQIA+コミュニティを讃える「#proudinmycalvins」の一環として、8人のキャストの姿を捉えたキャンペーンビジュアルを公開した。

SZAが新曲“Good Days”のリミックスをFrank Oceanに依頼すると語る

SZAが昨年末にリリースしたニューシングル“Good Days”。Jacob Collierが参加したこの楽曲は彼女の『Ctrl』に続く新作を期待させるものとして高い評価を受けているが、そんな同曲について楽しみなニュースが出ている。

Lil Nas XがクィアアーティストとしてのTyler, The CreatorとFrank Oceanからの影響を語る

昨年のLGBTQプライド月間の終わりにカミングアウトを行い、ゲイであることを公言しながら活動を続けているLil Nas X。そんな彼が、新たに公開されたインタビューの中でカミングアウトの際にTyler, The CreatorとFrank Oceanの二人から受けた影響について語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。