21 Savageの逮捕に関するジョークを「面白い」と発言したDemi Lovatoが多くのアーティストから批判される

21 Savageがアメリカに不法滞在していたという容疑で逮捕されたという報道が、世界中のファンに衝撃を与えている。彼が実際にはイギリス人だったというニュースを受けて、やはりというべきか多くのTwitterのユーザーが彼をネタにしたミームを投稿し始めたが、そのような不謹慎なジョークを面白がったDemi Lovatoが現在多くのアーティストから批判を受けてしまっている。 Demi Lovatoは既に削除されたツイートで「21 Savageのミームがスーパーボウルの中で一番面白い」と発言。日本時間で今朝放送されたスーパーボウルと同時並行で21 Savae逮捕のニュースが報道されたため、スーパーボウルと同時に多くのミームが彼女のタイムラインに流れて来たのだろう。

その発言は瞬く間に拡散され、21 Savageの逮捕に心を痛めるファンや友人のアーティストが次々とDemi Lovatoを批判。Offsetは「人が何かに立ち向かうのをネタにしたミームは全く面白くない。仲間のために祈ってるよ。面白いと思うなら勝手に面白がっておけ」と投稿し、またSid The Kidは「Demi Lovato、あんたは痛い敗北者だ。誰もお前がドラッグをやっていたことをネタにしたりしなかった。ネガティブなエネルギーをずっと持っておけばいい、お前のためにも祈るよ。安らかに」と痛烈に批判した。

Waleは「人の自由の何が面白いんだ。俺にあのジョークは理解できない」と、移住する権利を物笑いの種にすることは間違っていると指摘。Lil Yachtyは一言「ファックDemi Lovato」とツイートしている(現在は削除)。

21 Savageが元はイギリス人であったという疑惑は確かに意外なものではあるが、「なりたいものになる自由は保障されるべき」という考えのもと「#Free21」の声が多く叫ばれている。国外退去させられる可能性もある21 Savageだが、彼がアメリカに居たいと発言する自由は当然のようにある。 他者の権利や自由を冷笑するようなミームは日本にも多く見られるが、それらを面白がる前に当事者の感情や背景にある問題に目を向け、一度立ち止まって考えてみた方が良いのかもしれない。

related

【レビュー】21 Savage & Metro Boomin 『Savage Mode 2』| 前作の型にはまらないコンテクストの充実

予想通りアメリカのビルボードチャートで初登場1位を奪取した21 Savage & Metro Boominのコラボ作『Savage Mode 2』。波乱の2020年のヒップホップシーンを代表する作品は、21 SavageとMetro Boominを歴史上最も成功したラッパーとプロデューサー...

21 Savageが自身の楽曲と酷似したLil PumpとDoe Boyの楽曲について「収益の50%をくれ」と語る

先週、Metro Boominとのコラボシリーズの待望の新作『Savage Mode 2』をリリースした21 Savage。そんな彼が、最近発表されたLil PumpとDoe Boyの新曲について物申している。

21 Savageが新型コロナウイルスの影響を受けた若者向けに経済の教育プログラムを開始

以前は子供向けの教育プログラム『21 Savage Bank Account』を設立していた21 Savage。そんな彼が新たな試みとして、新型コロナウイルスのパンデミック下で経済的な打撃を受けた学生たちを支援する『Bank Account at Home』をアナウンスした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。