渋谷Contactが店内での痴漢行為に対する声明を発表

昨日紹介した、クラブと音楽を誰もが楽しむために、クラブ内におけるアンチハラスメントのステイトメントを表明/提示することを求める」署名

この署名のきっかけの1つとなったのは先週末に渋谷のクラブContact内で起こった痴漢行為だった。この件は被害女性の知人がTwitterに投稿したことがきっかけで明るみとなり、クラブ側が適切な対応が取れていなかったとして批判されていた。

これに対しContactを運営する株式会社グローバル・ハーツは、昨日ContactのHP上に声明を発表。今回の件に関し、「泥酔者から痴漢行為を受けたお客様やその友人の方々に対し、迅速で的確な対応が出来なかった為に不快な思いをさせてしまった」と謝罪し、適切な対応ができなかった経緯を明らかにしている。

さらに痴漢やナンパなどに関する張り紙を、今後は女子トイレだけでなくトラブル発生への抑止力に繋げるために、より広範囲に掲示することも表明。また最後には来場者に対しても安心して遊べる場所を作るための協力を呼びかけている。

こうした痴漢などの案件でクラブが声明を発表することは異例のことであり、今回の声明をきっかけにアンチハラスメントのステイトメントが日本のクラブにも広まっていくことが期待されている。

RELATED

クラブ内にアンチハラスメントのステイトメントの掲示を求める署名がスタート

署名サイトchange.org内にて「クラブと音楽を誰もが楽しむために、クラブ内におけるアンチハラスメントのステイトメントを表明/提示することを求める」署名がスタートしている。

Peggy Gouが音楽における性差別について「私自身が上手くやることが一番の復讐」と語る

EDC JAPAN 2019への出演も決定している韓国出身のDJ/プロデューサーPeggy Gou。そんな彼女がインタビューの中で、音楽業界における性差別の問題との向き合い方を語っている。

ロンドンに24時間営業のクラブ『FOLD』が今夏オープン

「オーディオと映像のパフォーマンススペースと、スタジオの集合体」と表現される『FOLD』が8/18にオープン予定。ロンドンの工業地帯にある印刷工場の上に作られたこの施設で、600人キャパのナイトクラブと音楽スタジオが共に24時間営業されるようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。