クラブ内にアンチハラスメントのステイトメントの掲示を求める署名がスタート

署名サイトchange.org内にて「クラブと音楽を誰もが楽しむために、クラブ内におけるアンチハラスメントのステイトメントを表明/提示することを求める」署名がスタートしている。

この署名は、クラブ内においてのセクハラ被害を訴えるSNS投稿などに対して、その後のクラブ側など主催側の対応に改善がみられていない状況が続いていることから、スタート。

クラブに対して、「あらゆる性別や人種、セクシュアリティや身体的特徴に関わらず、全ての人が安全かつ尊重されるべき」といったステイトメントの表明とクラブハウス内での掲示、公式HP上での掲載に加え、エントランス時に利用客へ提示するなどの周知を求めている。

国内のクラブにおいても数カ所がすでにこのようなステイトメントを掲示している他、海外ではSafe Spaceという概念が広まっており、性差別などあらゆる差別的な行動から逃れ自由に、その人らしく楽しめる場所としてのクラブ作りが目標とされている。

2020年の東京オリンピック/パラリンピックの開催を前にして、多くの外国人観光客などがナイトクラブを訪れるのは間違いない状況の中で、日本のクラブでもこうした新しい時代の基準が求められるのは当然のことだろう。署名はこちらからすることができる。

related

ベルリンの一部のクラブが「ダンス禁止」ルールと共に営業再開

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、世界的にロックダウンが行われていたここ数ヶ月。ヨーロッパの一部では徐々に状況が改善してきたことに伴い封鎖が緩和されつつあるが、そんな中ベルリンのナイトクラブが条件付きで営業を再開することが発表された。

渋谷Contactが店内での痴漢行為に対する声明を発表

昨日紹介した、クラブと音楽を誰もが楽しむために、クラブ内におけるアンチハラスメントのステイトメントを表明/提示することを求める」署名。

Peggy Gouが音楽における性差別について「私自身が上手くやることが一番の復讐」と語る

EDC JAPAN 2019への出演も決定している韓国出身のDJ/プロデューサーPeggy Gou。そんな彼女がインタビューの中で、音楽業界における性差別の問題との向き合い方を語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。