シンガーの大坂朋子によるプロジェクトSolmanaが始動

これまでSANABAGUN., WONK, Suchmos, THE THROTTLE, AAAMYYY, MALIYA, Nao Kawamuraなどの、コーラス/コーラス監修/コーラスアレンジを行なってきたシンガーの大坂朋子が、新たに自身のプロジェクトSolmanaを始動させた。

注目のアーティストたちを裏で支えてきた大坂、今回プロジェクトの始動と共にリリースの発表がされた1st EP『AMANECER』はスペイン語で「夜明け」という意味をもっており、EP全体を通して”覚醒”、”葛藤からの脱却”というテーマが用いられている。

同作には、サックス&フルートにYU(from ALI)、ピアノ&キーボードに半田彬倫、ギターとして竹之内一彌、ベースに越智俊介(from CRCK/LCKS、Shunské G & The Peas)、ドラムに澤村一平(from SANABAGUN.)、パーカッションに指宿克典、そして、フィーチャリングラッパーとしてDIAN(from KANDYTOWN)が参加。また、AAAMYYYと向原愛海も共作詞を手がけている。

リリース発表と同時に収録曲"Step Ahead"が先行配信スタート。グルーヴィーなR&Bにブラジリアン・ポピュラー・ミュージックやラテンの要素が散りばめられた一曲で、イントロやコーラスは、口ずさみたくなるようなインパクトのあるフレーズが配置されており、歌詞も本作のテーマ通り、くすぶっていた現実から抜け出し、覚悟を決めて恐れの谷に飛び込むといった内容になっている。

Info

<Solmana『AMANECER』 INFO>
2019年7月3日 発売

01. Intro - Blues -
02. Step Ahead
03. Roots
04. I Will Forgive You
05. Set Me Free (feat. DIAN)
06. Quietly

定価:1,800円+税
LABEL:Solmana
SOLM-001

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。