Chance The RapperがWendy’sのTwitterに「スパイシーナゲットを復活させてくれ」と呼びかけ本当に復活することが決定|ニューアルバムも予告される

フォロワーを煽り競合他社とラップバトルをし、ミックステープをリリースするなど独特かつサグなTwitterの使い方をすることで知られているWendy’s。そんな手強い相手に、Chance The Rapperが勝負を挑んだようだ。

Chance The Rapperは先週、自身のTwitterにて「今日決まってるポジティブなこと。良い日を過ごし、今日のうちに成功を収め、Wundy’sはスパイシーナゲットを復活させる。神様お願いだ、今日のうちに実現してくれ」とツイート。それが拡散されるとハードなTwitterユーザーで知られるWendy’s公式はすぐに反応し、「今日のうちには無理だが、チャンスはある」と返答した。

その後もChanceに便乗しスパイシーナゲット復活を望む声が多く寄せられたようで、Wendy’s公式は「みんなが頼んでくるからチャンスをやるよ。このツイートに200万いいねがついたら、スパイシーナゲットを復活させる。ほら、やってみよう」とツイートした。

Wendy’sによるRTやいいね稼ぎといえば非常に既視感のある光景だが今回もユーザーは大いに盛り上がり、ツイートのいいね数は瞬く間に上昇。ついにはTwitter公式が「やってのけるチャンスはありそうですね」とリプライを送る事態にまで発展した。

そしてツイートはとうとう200万いいねを達成。Wendy’sは「スパイシーナゲットは復活する!みんなクレイジーだ!1日半しか掛からなかったぞ、どういうことだ?いつになるかは分からないけど、もうすぐだよ。今回は負けだ、素晴らしい!」と、スパイシーナゲットの復活を約束した。ネットユーザーの力を思い知らされるような快挙である。

ことの発端を作ったChance The Rapperはどさくさに紛れて「アルバムが2ヶ月以内に完成するよ」とサプライズをさらに畳み掛けており、Wendy’sのツイートに自身とLil Yachtyとの新曲“Atlanta House Freestyle”のリンクを送りつけ、「(スパイシーナゲットの復活と)同じ日にアルバムを出していいかな?一緒になって欲しいんだ」とリプライするなど、Wendy’sのナゲットと共に自身の新作への期待を高めようとしている。

多くのユーザーを巻き込んだ騒動を起こし、いかにも彼らしいポジティブな結末を迎えたChance The RapperとWendy’sのTwitter対決。彼のニューアルバムは、是非ともWendy’sのスパイシーナゲットを食べながら聴きたいものだ。

RELATED

Chance The Rapperが自身の新作を酷評したファンをTwitter上でこき下ろす

先月にTisaKoreanをフィーチャリングした新曲“GRoCERIES”をリリースし、今夏に4枚目となるアルバムのリリースが予定されているChance The Rapper。そんな彼が今月12日、ツイッター上でファンと口論になったようだ。

Chance The Rapperがファンとともに科学や恐竜について語り合う

7月に待望のニューアルバムのリリースを控え、先日には長年連れ添ったフィアンセと結婚式を挙げるなど、公私ともに充実の一途をたどるChance The Rapper。そんな彼は今回、自身のTwitterにて科学的な質問をファン達に投げかけた。

Chance The Rapperらがアメリカ最高裁にラップの意義を説明する文書を送る

ヒップホップというジャンルの特性上、ラッパーの中には罪を犯し逮捕される者も多い。そうした際に彼らの楽曲のリリックが証拠として扱われることがあるが、複数のヒップホップアーティストがそれに反対し、裁判所にラップを理解する手引きとなる文書を送ったという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。