Madlibが故Mac Millerとのコラボアルバム『Maclib』はまとまった作品にはなっていないと語る

先月、プロデューサーのThelonious Martinがインタビューでその存在に言及して以来、リリースが待ち望まれていた故Mac MillerとMadlibによるコラボプロジェクト『Maclib』。MadlibがDJで同作からの楽曲をプレイしたことから近いうちにリリースされるのではないか、と見込まれていた同作だが、Madlib自身が「Mac Millerとのプロジェクトをリリースする公式の予定はない」と発表した。

今週の火曜日、Madlibのウェブサイトに「Maclib」というタイトルの文章が掲載された。そこでは「MadlibとMac Millerのコラボアルバムについての質問が多く寄せられましたが、以下が事実です」との見出しと共に「事実は、二人がEPを制作しようと動いていたということです。終着点は議論されていませんでした。アイデアはクリエイティブな目的のために出たものです」として、そもそもアルバムを制作しようとはしていなかったことが明かされている。2015年にMac MillerはMadlibのビートでレコーディングをし、二人でタコスを食べながらEPを作る計画について話し合ったという。2017年までプロジェクトは進行していたが、結局まとまった形での作品が作られることは無かったようだ。

さらに、『Maclib』というタイトルはMadlibがMac Millerとのある曲のメタデータに“MacLib – Number 4”と名付けたことに由来しており、あくまで一曲の仮タイトルでしかなくアルバムのタイトルではなかったとのこと。投稿の最後にはMac MillerとMadlibの2ショット写真が掲載されている。

両者のファンが待ち望んでいたであろうMac MillerとMadlibによるアルバムだが、そもそも作品自体が完成していなかったという着地だ。残念なニュースだが、二人がレコーディングした曲のいくつかを聴くことが出来る機会は今後何らかの形で作られるかもしれない。

RELATED

故Mac Millerの総資産が合計600万ドルを超えると報じられる

Mac Millerの突然の死から早1年が経った。先日には彼にドラッグを売っていた人物が逮捕されるなど、彼の死の余波が未だに続いている中、故Mac Millerの総資産が合計600万ドル(約6億5千万円)以上にのぼると報じられた。

Post Maloneが故Mac Millerと共にアルバムを制作する予定だったことを明かす

昨年9月に突然この世を去ったMac Miller。生前の彼と、先日ニューアルバム『Hollywood's Bleeding』をリリースしたPost Maloneが共にアルバムを作る予定だったことが明らかになった。

故Mac Millerにドラッグを販売していた人物が逮捕される

昨年9月にドラッグのオーバードーズによって命を落としたMac Miller。彼にドラッグを販売していた人物が今回、彼の死の原因として逮捕され罪に問われていることが報じられた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。