NasがTravis Scottとの対談で「長く続けることが偉大になる秘訣だ」とアドバイス

昨年リリースされたアルバム『Astroworld』でまさしく当代随一のアーティストとなったTravis Scott。そんな彼に、伝説的なラッパーであるNasがアドバイスを行なっている。

Playboyから、NasとTravis Scottとの対談企画が公開された。二人の間で「インターネットの登場によってヒップホップゲームの在り方が変わった」という議論や、Travisが「James BlakeやBjork、Tro Y Moiのようなアーティストになりたい」と語るなど興味深い会話が続く中、Nasがヒップホップをやって行く上での本質的な部分について語った。

Nasは「ヒップホップゲームとは残り続けること、持続させること、やり続けることなんだ。お前は素晴らしいラッパーだが、単なるラッパーの枠にはめ込むことは出来ない。お前の音楽は色々な方向に向かっているからな。お前はロックスターだし、いつでもそんな感じだ。それはフッドから来たもので、泥の中から爆発したものなんだ。お前はあちこちを回って、興奮を与え続けてくれる。それを保つことが出来れば、お前は偉大になれるんだ」と、Travis Scottの多様なスタイルを賞賛しながら、エネルギーを保持し長く活動することで真に偉大なアーティストになることが出来る、と助言している。

さらに、「これは血で血を洗う争いで、簡単なことじゃない。一番難しいゲームなんだ。それがお前を試しているのは良いことだと思う。お前は何で作られている?生き残ることができるか?2019年に何をしなきゃいけない?ってな。お前が眠っている時にも、ゲームは続いているんだぜ」と、Travisへの期待を見せた。

かつて「睡眠は死のいとこだ」とラップしたNasだが、常に休まず活動しなければならないという考え方は現在も一貫しているようだ。『Illmatic』で華々しいデビューを飾り、シーンが変化する中キャリアを継続し続けて来た彼の重みのある言葉は、全てのアーティストの胸に響くことだろう。

RELATED

Travis Scottがライブ中に現在収監されているA$AP Rockyへのエールを叫ぶ

一般人に絡まれたことで乱闘騒ぎを起こし、それによってスウェーデンで拘束を受けているA$AP Rocky。それを受けて、Travis Scottがライブ中に彼へのエールを叫んでいる。

アラバマ州の妊娠中絶禁止法成立を受けてTravis Scottがグッズの売り上げを全て妊娠中絶を行うNPOに寄付することを発表

先日、アラバマ州で成立した妊娠中絶禁止法。性犯罪による望まない妊娠を含め妊娠中絶を完全に禁止するこの法律に対しRihanna、Lady Gaga、Billie Eilishを始めとする女性アーティストたちが抗議の声を上げていることが報じられているが、そんな中Travis Scottが自身のマーチャンダイズの売り上げを全て妊娠中絶や経口避妊薬の処方を行うNPO団体Planned Parenthoodに寄付することを発表した。

Three 6 MafiaのDJ Paulが自身のフレーズを不正利用されたとしてTravis Scottを訴える

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scott『Astroworld』。同作に収録された楽曲“NO BYSTANDERS”が原因で、トラブルが発生しているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。