Lil Pumpが「ウィードを吸うのをやめた」と宣言

アルバム『Harvard Dropout』も好調なLil Pump。最近はPump Universityでの講義も続けるなど精力的に活動する彼が、なんとマリファナをやめたことを宣言した。

XXLによると、Lil Pumpは昨日Instagramのストーリーを更新。車に乗っている彼は、カメラに向かって「みんな今日俺は結論に至ったよ。もうウィードを吸うのはやめた」と宣言。その後決意の固さを示すかのようにバッズが入った袋を窓の外に放り投げ、「これはマジで時間と金の無駄だ」と吐き捨てている。

View this post on Instagram

#LilPump says he’s done smoking weed 🚫

XXLさん(@xxl)がシェアした投稿 -

Lil Pumpといえばマリファナ、リーン、ザナックスなどとにかくドラッグを好むラッパーだ。以前も「ドラッグをやめた」と宣言していたがその後「Lean Pong」という新たな遊びを開発し、更に「リーンをやめることはない」との発言も行っていた。今回のマリファナをやめる決意も、果たしていつまで続くのだろうか。

先日公開された「No Jumper」のインタビューでは、太いジョイントを吸いながら「Lil Pump’s Breakfast」と称しシリアルにリーンを混ぜた食べ物を生成していたLil Pump。自らの行動がやり過ぎであると気づいて今回の宣言を行ったのかもしれないが、マリファナよりも先にリーンを絶った方が健康には良さそうである。

RELATED

Lil Pumpがガソリンスタンドで煙草を吸う動画を投稿し批判を浴びるが「いつもの事だ」と開き直る

これまで様々な言動・行動が批判に晒されてきたLil Pumpがまたしても新たな問題行動を起こしたようだ。

Lil Pumpが突如「俺が18歳で成し遂げたことを誰も出来ていない」とベテランを挑発

その言動から忘れられがちではあるが、実はまだ18歳という年齢のLil Pump。そんな彼が、若くして成功した自らを突如としてフレックスしている。

Rolling LoudでDaBabyが観客に投げたマリファナが偽物だったことが判明

先週末より開催されていたRolling Loud。そんな中DaBabyがライブ中に大量のマリファナを観客に投げたことが話題となっていたが、そのマリファナがフェイクだったことが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。