Lil Pumpがインタビューで「Bruno MarsやLady Gagaと曲を作りたい」と語る

Adam 22による人気Podcast番組「No Jumper」から、Lil Pumpのインタビューが公開された。Lil Pumpの家を訪ね様々な質問を行なっていくなかで、彼が今後コラボレーションしたいと考えているアーティストが明らかになった。

冒頭からLil Pumpが「とりあえず、2019年に乾杯。リーンを3本飲むぜ」と叫び、インタビューがスタート。カリフォルニアの山火事に巻き込まれた話やペットの話などをした後、コラボしたいアーティストを尋ねられたLil Pumpは「Bruno Marsと曲が作りたい。マジでBruno Marsとやりたいんだよ。Macklemoreとも曲を作りたい。本当に一緒にやりたいよ。あいつはヤバいからな」と、ポップミュージック畑のアーティストとコラボすることに強い意欲を見せ、更に「あ、あとはLady Gagaだな」と付け加えた。

そもそもLil Pumpの楽曲はキャッチーなものが多いためポップアーティストとのコラボも不可能ではなさそうだが、メロディアスな曲を作るアーティストをお気に入りだとしているのは意外だ。普段聴いているのはそのような音楽なのだろうか。

動画は他にも、犬と卓球をするLil Pumpやコデインシロップでシリアルを作るLil Pumpなど見所が満載のインタビューとなっている。「イケてるから」という理由でホームレスに5000ドル(約55万円)のセーターを譲ったエピソードも披露しており、彼が奇行や問題行動を続けながらも多くのファンに愛される理由が垣間見える。以前もホームレスにピザを配っていたが、チャリティへの参加には意欲的なのだろう。

Lil Pumpが登場する「No Jumper」の全篇はこちらから。

RELATED

Lil Pumpが「ウィードを吸うのをやめた」と宣言

アルバム『Harvard Dropout』も好調なLil Pump。最近はPump Universityでの講義も続けるなど精力的に活動する彼が、なんとマリファナをやめたことを宣言した。

Lil Pumpの大学「Pump University」の第2回目の授業

先日、自身の名を冠した大学“Pump University”をYouTubeの自身のチャンネルにて開校したLil Pumpが、2つ目の授業『Pump University - Episode 2』を公開した。Episode 1では、持ち前のPump節全開で“健康”について授業を行ったPumpだが、今回のEpisode 2では“成功”についての授業を行っている。

Lil Pumpが「最も無知でリッチなラッパー」を目標にしている事を明かす

先週、ハーバード大学の卒業式でのスピーチに意欲を示していたLil Pump。今年スピーチをする夢は叶わなかったが、Vultureにて次の野望を語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。