Juice WRLDが初めて全米アルバムチャートで1位を獲得する

Juice WRLDの2ndソロアルバム『Death Race For Love』が全米アルバムチャートで1位を獲得した。これは彼にとって初めての快挙となる。今作は発売1週間で16.5万枚を売り上げ、現時点で2019年最もストリーミング再生されたラップ・R&Bミュージックとなる。

今作『Death Race For Love』の特徴としては、曲数の多さが挙げられる。またリードシングル“Robbery”が全米シングルチャートにて27位を獲得した事も、今回の1位獲得に一役買った事は確かだ。2018年にもFutureとの共作ミックステープ『WRLD on Drugs』が発売1週間で9.8万枚を売り上げ、全米アルバムチャートで2位を獲得。また、彼のファーストアルバム『Goodbye&Good Riddance』は発売1週目で15位を獲得し、最高で4位に達している。

VultureでのインタビューでJuice WRLDは今回のアルバムを製作するにあたって、プレッシャーを感じていたことを認めている。しかし、レコーディングは一週間以内という異例の早さで進み、楽曲の全てはフリースタイルである事を明かしている。

Juice WRLDは音楽制作に関して「競い合うのは好きじゃないんだ。トップを狙うのもね。目標を持ってそれに向かって努力し続ける事は良い事だけど、音楽の場合それ自体が目的だからね。」とランキングなどに関しては興味がないと語る。

以下の動画ではJuice WRLDが今回の作品を制作するにあたって、どのようにしてプレッシャーや苦しみと向き合って来たかについて紹介されている。

related

FutureがJuice WRLDの死について「まだ心を痛めている」と語る

昨年12月に21歳の若さにして命を落としたJuice WRLD。そんな彼とコラボアルバム『WRLD ON DRUGS』をリリースしていたFutureが、インタビューにて彼の死について語っている。

Juice WRLDの未発表曲が約2000曲遺されていることが明らかに

昨年末に地元・シカゴの空港でオーバードーズを起こし帰らぬ人となったJuice WRLD。生前からレコーディングスピードの速さについても話題になっていた彼だが、遺されていた未発表曲が約2000曲にものぼることをTMZが報じている。

急逝したJuice WRLDの死因がオーバードーズによるものだったと明かされる

昨年12月に地元シカゴの空港で急逝したJuice WRLDの死因が発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。