Juice WRLDがニューアルバムの楽曲は全てフリースタイルだと主張

昨年、リリースした“Lucid Dreams”をきっかけに一躍人気ラッパーの1人となったJuice WRLD。先日、待望のニューアルバム『Death Race for Love』をリリースした彼だが、自身のTwitterにて衝撃的な事実を明かしている。なんとニューアルバムの楽曲は全てフリースタイルだと主張したのだ。

火曜日、彼は自身のTwitterでこのようにツイート。


「俺は俺のために正しいことをしてくれる人を必要としない。俺はアルバムの全曲を自分自身のフリースタイルで作ったんだ。作詞家や作詞家を雇ってるアーティストをけなしているわけではないけど、この地位にはいられないし、俺は俺自身に値する信用を得られてない。まあつまり俺が言いたいのは、この見た目のように俺はクソ早くフリースタイルをしたってことだ」とJuiceはニューアルバムの全曲がフリースタイルだということを明かすとともに、世間の自分自身に対する信用が充分に得られていないと不満を口にしている。

続けて彼はこうツイート。


「ミュージックヴィデオが俺がヒット曲を作るときに誰の助けも必要としていないってことを証明してる。俺には神から与えられた頭脳と創造性がある。そして、誰も俺からそれらを奪い取ることは出来ないんだ」と自身の才能にとてつもない自信を抱いているようだ。

実際、Juiceは以前にもラジオ番組に出演した際に1時間以上にも及ぶフリースタイルを披露したことがあり、その腕前は確かなものなのだろう。しかし、これを踏まえても、アルバムの全ての曲がフリースタイルというのは驚きである。

フリースタイルだと認識した上で、アルバムを聞き直してみると、また印象が変わってくるかもしれない。

related

FutureがJuice WRLDの死について「まだ心を痛めている」と語る

昨年12月に21歳の若さにして命を落としたJuice WRLD。そんな彼とコラボアルバム『WRLD ON DRUGS』をリリースしていたFutureが、インタビューにて彼の死について語っている。

Juice WRLDの未発表曲が約2000曲遺されていることが明らかに

昨年末に地元・シカゴの空港でオーバードーズを起こし帰らぬ人となったJuice WRLD。生前からレコーディングスピードの速さについても話題になっていた彼だが、遺されていた未発表曲が約2000曲にものぼることをTMZが報じている。

急逝したJuice WRLDの死因がオーバードーズによるものだったと明かされる

昨年12月に地元シカゴの空港で急逝したJuice WRLDの死因が発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。