Xanaxをやめたと思われるLil Pumpが今度はLean Pongにハマる

多くの若手ラッパーが常用していたドラッグXanaxだが、2018年になってLil PumpとSmokepurppがXanaxの使用をやめると宣言したことで、ブームは小康状態になっていくと思われていたが、そんな矢先にLil Pumpが新たなパーティードラッグを開発してしまった。

Lil Pumpは動画で「2018年はLean Pongだ、esketit」と述べているが、Lean Pongとはなんだろうか。アメリカではBeer Pongというテーブルの両端に置かれた水もしくはビールが入ったカップに、ピンポン玉をテーブルの両端から投げ入れあうゲームがあり、パーティーゲームとして一般的だ。Lil PumpのLean PongはこのビールがLeanに変わったものと思われる。

しかしXanaxと同じくLeanも、その危険性が度々指摘されており、最近ではWiz Khalifaが「リーンはダサい」と批判したり、常用していたFamous Dexが11月に入院してしまった直後に、Leanを辞めることを宣言していた。

若い世代に絶大な支持を誇るLil Pumpの、今回の宣言はどのような影響を与えていくだろうか?

 

RELATED

Lil Pumpが「XXXTentacionは俺たちの世代の2Pacだ」と語る

昨年、銃撃によって若くして命を落とし、世界中の多くのファンに衝撃を与えたXXXTentacion。その死からちょうど一年が経過した先日、Lil Pumpが彼を悼む発言を行なっている。

Lil Pumpがまたまた「リーンをもう飲まないし、ドラッグもやめる」と宣言

これまでも何度か「リーンをやめる」と宣言していたLil Pumpが、またまたリーンをやめることを宣言した。

Lil Pumpがガソリンスタンドで煙草を吸う動画を投稿し批判を浴びるが「いつもの事だ」と開き直る

これまで様々な言動・行動が批判に晒されてきたLil Pumpがまたしても新たな問題行動を起こしたようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。