Wiz Khalifaが「リーンはダサい」と語る

最新ミックステープ『Laugh Now, Fly Later,』をリリースしたばかりのWiz Khalifaといえば、ラッパーの中でも特にマリファナ好きとして知られているが、他の薬物に対してはいい印象を持っていないようだ。

WizはInstagramにビデオを投稿し、コデインをアルコールや炭酸で割って飲むリーンについて批判している。

LEAN IS LAME ?✈️

Wiz Khalifaさん(@wizkhalifa)がシェアした投稿 -

マリファナを吸いながら、Wizはこう説明する。「多くの奴らが1つのトレンドを追っているとき、もしくはみんながやっていることを自分でもやろうとしているときに、べつの視点で物事を言ってくれるやつは本当にいない。だからおれは別の視点から言ってやる。リーンはダサい。これは常飲してる奴らのために言ってるんじゃない。まだやったことがない奴らのために言ってるんだ。感じてくれ、知ってくれ、リーンは間違いなくダサい」と述べキャプションにも再度「リーンはダサい」と付け加えている。リーンといえば出所する前のGucci Maneが中毒になっており、A$AP Yamsが亡くなった一因にもリーンが影響していると言われている。

related

Lil Uzi Vert、Cardi B、Wiz Khalifa、Anderson .Paak、Bruno Mars、故Nipsey Hussleなどによるパフォーマンスを観ることができるバーチャルフェスが開催

ワーナー・ミュージック・グループは、WHO(世界保健機関)と国連財団が設立した「COVID-19連帯対応基金」を支援するため、初のバーチャル·ミュージック·フェスティバル『PlayOn Fest』を今週末に開催する。

自宅待機の中Snoop DoggやWiz Khalifaらが大麻デーである4月20日を祝福|タイトルが大麻を意味するDr. Dreの名作『The Chronic』もストリーミング解禁

毎年4月20日は大麻を意味する「420」に因んだ大麻の日。マリファナを愛する多くのヒップホップアーティストたちがこの日を祝福するのは毎年の恒例行事となっている。アメリカでは現在新型コロナウイルスの影響で多くの人々が自宅待機を強いられているが、そんな中で今年も様々なアーティストが各々のやり方で4月20日を祝っている。

イギリスにおける音楽フェスの参加者のうち50%以上が何らかの薬物を服用していることが明らかに

先日のJuice WRLDの死によって、再び浮き彫りとなった音楽シーンにおける薬物の問題。もはや、アーティスト側のみならずリスナー側にとっても他人事ではなくなってきているが、今回衝撃の調査結果が発表された。なんとイギリスにて開催された音楽フェスの参加者のうち50%以上の人々が何らかの薬物を摂取しており、さらにその半数以上が通常よりも多くの量と種類を服用しているというのだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。