Lil Uzi Vertが未発表音源を全てリリースしたいと語る

今年の初めに突如引退を宣言し、レーベルとの契約に関する問題を抱えている事をほのめかしたLil Uzi VertがInstagram Liveで未発表音源をプレビューするとともに現在の思いを語った。

今週火曜日の夜、彼はInstagram Liveで自身の未発表音源をプレビューした。その様子がこちら。

New snippet 🔥 how’s it sounding? 👽🛸 #liluzivert @liluzivert @workingondying

Uzi Awge 🛸さん(@uziawge)がシェアした投稿 -


しかし、Lil Uzi曰くプレビューした楽曲は最近レコーディングされたものではなく、かなり前に完成したものだそう。その後、彼は今も楽曲制作をしていないことを明かすとともに、プレビューした音源を含む未発表音源をリリースしたいという思いを語っている。
「俺は彼らが俺に楽曲をリリースさせてくれるのを願ってる。お願いだからリリースさせてくれ。頼むよ。お願いだから俺に古い曲をリリースさせてくれ」と彼は述べた。彼らというのはおそらくレーベルの人間のことだと思われるが、やはり今も両者の問題は解決していないようだ。

彼は続けて「俺はもうこれ以上音楽をやらないけど、お前らはこの古い曲を聴くことが出来る。要するにそれはお前らにとっては新しいものなんだよ。お前らはこれは新曲だって言うだろう」と、自身にとってはだいぶ前にレコーディングした曲でもファン達にとっては新曲になるという皮肉ともとれる考えを述べている。

そして、彼はこれ以上音楽はやらないと言っていたものの、Instagram Live終了間際にファンに向けて「俺はまだやりたいことをやりたいし、俺らは揺れ動いてる」とまだ自身の中に音楽に対する情熱が残っていることをほのめかしている。確かに、彼の言うように音楽制作はもうやっていないのかもしれないが、Lil BabyのライブやMeek Millのライブに登場してパフォーマンスをしているように本当は音楽活動を続けたい気持ちは山々なのだろう。

近々発表されると見られていたにもかかわらず、彼のニューアルバム『Eternal Atake』も結局リリースされない中、未発表音源を世の中に出すことは可能なのだろうか。
いずれにせよ、この問題の根幹はLil Uziとレーベル間の問題であることは明白なので、両者にとって良い方向に解決することを望むしかない。

Lil Uzi VertのInstagram Liveの様子はこちら。

RELATED

Lil Uzi Vertの新曲を手がけたプロデューサーが「『Eternal Atake』には11の別バージョンがある」と明かす

レーベルGeneration Nowとの契約問題によって楽曲をリリース出来ない状況に陥りながらも、Jay-ZのレーベルRoc Nationとのマネージメント契約を結び待望の新曲“Sanguine Paradise”と“That’s a Rack”をリリースしたLil Uzi Vert。そんな彼のリリースが待たれる新作『Eternal Atake』について、新曲のビートを手がけたプロデューサーが驚くべきことを語っている。

Lil Uzi Vertの新曲“Sanguine Paradise”と“That’s a Rack”がオフィシャルリリース | マリリン・マンソンとのコラボ曲も?

所属レーベルGeneration Nowと契約問題を抱え、一時は引退宣言を行なっていたLil Uzi Vert。先月末には“Free Uzi”がアンオフィシャルでリリースされたことも話題を呼んだが、ようやく待望の新曲がオフィシャルでリリースされることとなった。

Lil Uzi Vertの未発表曲がハッカーによってリークされ1250ドルで落札されていた事が明らかに

レーベルとの契約問題によって新作『Eternal Atake』をリリース出来ずにいたLil Uzi Vertの未発表曲が、ここ数日間の間に、何者かによってリークされていた事が明らかとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。