Jay-ZとMeek Millが刑事司法制度の改革を目指す組織を立ち上げる

複数回拘留を受け#FreeMeekMillというムーブメントを起こしたことでも知られるMeek Millと彼を長くサポートしてきたJay-Zが今回、刑事司法制度の改革を目指す組織「REFORM Alliance」を立ち上げたことが明らかになった。

Jay-Zは昨年9月に開催されたTIDALのショーの収益を全て刑事司法制度改革のために寄付したほか、New York Times紙のインタビューにて「今の制度が若く、経済的に不利なアフリカ系アメリカ人を窮地に陥れている。この制度が貧困と犯罪の生活を彼らが送る原因だ」と語るなど制度の改正に対して積極的に意見を発信してきた。そんな彼が今回Meek Millと共に満を辞して改革のための組織を旗揚げしたとあって、音楽シーンの外からも大きな注目が集まっている。

「REFORM Alliance」の設立には約5000万ドル(55億円)という莫大な資金を費やしたようで、またNBAチームであるフィラデルフィア76ersのオーナーを始め様々な実業家が参加。Meek Millはローンチイベントにて「色々なことを乗り越えてきたけど、俺はラッキーだ。こうして声なき者のためにここで話している」として、自身の経験を元に同じ境遇にある者を救いたいと語っている。

問題視されることが多いアメリカの刑事司法制度だが、Jay-ZとMeek Millの尽力によって改革は進んで行くのだろうか。これからの動向に期待したい。

related

ミネアポリスで無抵抗の黒人男性が警察官に窒息死させられた事件に対しMeek MillやBillie Eilish、Cardi B、Snoop Doggらが抗議の意を表明

ミネアポリスで非武装、無抵抗の黒人男性が警察官に不当な拘束を受けている最中に窒息死した事件。現在ミネアポリスでは抗議運動が大規模なデモに発展しているが、問題の事件についてアーティストも次々と抗議の声を上げている。

RihannaとJay-Zが新型コロナウイルス被害の救援のため200万ドルを寄付

世界的に猛威を振るい、各国でロックダウンが行われるなど深刻な被害を出している新型コロナウイルス。経済的な意味でも打撃を与えている中、Jay-ZとRihannaが救援のために寄付を申し出たことが話題を呼んでいる。

Meek Millが「ワックな音楽は今年中に滅びる」と予言

昨年リリースされたアルバム『Championships』が高い評価を受け、今月にはJustin Timberlakeとのコラボ曲“Believe”をリリースするなど精力的な活動を続けているMeek Mill。そんな彼が、とある予言を発し話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。