Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

今回、楽曲を使用されたのはニューアルバムのリリースも待たれるRihannaだ。

今週日曜、テネシー州にて行われた政治集会にてトランプ大統領はRihannaの“Don't Stop The Music”を使用。

この件を受け、Rihannaの楽曲提供を担当するBMIがトランプ大統領に楽曲の使用を禁止するよう求める文書を送ったとのこと。

Rolling Stoneによると、文書には「トランプ大統領とBMIの間には、BMIに関連する楽曲ならば使用を許可するという政治的合意はあるが、その契約にRihannaは含まれていない」また、「BMIはRihannaから大統領が自身の楽曲をキャンペーンに使用することに対し、反対の意向を受け取っている」といった内容が書かれているそうだ。

ちなみにRihannaは自分の楽曲が集会で使用されていたことをTwitterで知った模様。
ワシントンポストの記者Philip Ruckerがテネシー州での集会の様子をツイートした際、それにRihannaが反応している。


「もう何万回と言われているけど、もう一度言うよ。トランプの集会はほかのどの集会とも違うんだ。今、チャタヌーガ(トランプの政治集会が行われたテネシー州の都市)ではRihannaの“Don't Stop The Music”が爆音でかかりながら、トランプのTシャツが無料でばらまかれている。皆楽しそうだ」というPhilipのツイートに対し、Rihannaはこのように反応。


「もうそんなことさせないわ。私も私のファンもそんなひどい集会には絶対近づかない。教えてくれてありがとう、Philip!」とPhilipに感謝を示している。

この短期間で2回もアーティストから楽曲の使用を禁止する文書を送られたトランプだが、ここまで来ると次に曲を使用されるアーティストは誰なのか興味をそそられるところだ。

RELATED

アラバマ州で成立した妊娠中絶法にRihannaやLady Gagaらが抗議

今週水曜日、アメリカのアラバマ州で妊娠中絶を全面的に禁止する法案が可決された。「人命保護法」と命名されたこの法案は「全米で最も厳しい中絶禁止法」とされ、手術を行った医師は最大99年の禁固刑に処され、更にレイプや近親相姦などによる望まない妊娠でさえも中絶が認められないという法律である。

Childish GambinoとRihanna主演のヒロ・ムライ監督作『Guava Island』がCoachella2019にてプレミア上映されることが明らかに

Childish Gambino、Rihanna主演のヒロ・ムライ監督作『Guava Island』が、今週末より開催されるCoachella2019にてプレミア上映されることが明らかとなった。

Childish GambinoとRihannaが主演しヒロ・ムライが監督の映画『Guava Island』が今週公開か

Childish GambinoとRihannaが主演し、"This Is America"のミュージックビデオや『Atlanta』などの監督でしられるヒロ・ムライが監督した映画『Guava Island』が、今週末に公開されるという広告がUSのSpotifyに出現した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。