Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

今回、楽曲を使用されたのはニューアルバムのリリースも待たれるRihannaだ。

今週日曜、テネシー州にて行われた政治集会にてトランプ大統領はRihannaの“Don't Stop The Music”を使用。

この件を受け、Rihannaの楽曲提供を担当するBMIがトランプ大統領に楽曲の使用を禁止するよう求める文書を送ったとのこと。

Rolling Stoneによると、文書には「トランプ大統領とBMIの間には、BMIに関連する楽曲ならば使用を許可するという政治的合意はあるが、その契約にRihannaは含まれていない」また、「BMIはRihannaから大統領が自身の楽曲をキャンペーンに使用することに対し、反対の意向を受け取っている」といった内容が書かれているそうだ。

ちなみにRihannaは自分の楽曲が集会で使用されていたことをTwitterで知った模様。
ワシントンポストの記者Philip Ruckerがテネシー州での集会の様子をツイートした際、それにRihannaが反応している。


「もう何万回と言われているけど、もう一度言うよ。トランプの集会はほかのどの集会とも違うんだ。今、チャタヌーガ(トランプの政治集会が行われたテネシー州の都市)ではRihannaの“Don't Stop The Music”が爆音でかかりながら、トランプのTシャツが無料でばらまかれている。皆楽しそうだ」というPhilipのツイートに対し、Rihannaはこのように反応。


「もうそんなことさせないわ。私も私のファンもそんなひどい集会には絶対近づかない。教えてくれてありがとう、Philip!」とPhilipに感謝を示している。

この短期間で2回もアーティストから楽曲の使用を禁止する文書を送られたトランプだが、ここまで来ると次に曲を使用されるアーティストは誰なのか興味をそそられるところだ。

related

オバマ元大統領「ラップミュージックのビデオの中の成功はトランプ大統領と同じ」と語る

先日の大統領選挙では晴れてジョー・バイデン候補が勝利し、トランプ政権に終止符が打たれることが決まった。そんな中、バイデンが副大統領であった際に大統領であったバラク・オバマがインタビューの中で、ドナルド・トランプという存在について持論を語っている。

バイデン候補の次期大統領当確の報道にアーティストたちの様々なリアクション

トランプ大統領のクレームなどにより、バイデン候補の有利で進んでいたにも関わらず、中々当選確実の一報が出なかったアメリカ大統領選挙。本日未明にアメリカの報道各社が一斉にバイデン候補の当確のニュースを出した。

Lil Wayneがトランプ大統領と面会|選挙公約「プラチナプラン」への支持を表明

アメリカ大統領選が目前に迫る現在、ヒップホップアーティストとトランプ現大統領との接近が次々と報じられ衝撃を与えている。先日はIce Cubeがトランプ陣営と面会していたほか、50 CentやLil Pumpといったラッパーがトランプ支持を表明していることも話題を呼んだ。そんな中、Lil Wayneがトランプ大統領と面会を行ったことが報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。