Pharrellがトランプ大統領に対し、演説の際に自身の楽曲"Happy"を使用しないよう求める

アメリカではまもなく中間選挙が行われる。アメリカ国民がトランプ政権にどのような審判を下すのか世界中の注目が集まっているわけだが、大統領も勝利を得るために、各地で集会を開き演説を行っている。

今月27日には大統領はインディアナでの集会に出席し、演説を行ったのだが、その際にPharrellの代表曲“Happy”を流していたそうだ。

実はこの集会の数時間前、ピッツバーグのユダヤ礼拝所で男が銃を乱射し、11人が死亡するという衝撃的な事件が起きていた。
このような事件があった後に、アメリカの現大統領が“Happy”を使用したことでPharrellの逆鱗に触れてしまったのだ。

The Hollywood Reporterによると、Pharrellは自身の弁護士Howard Kingを通し、トランプにこのような書簡を送ったとのこと。

「狂った‘民族主義者’の手によって11人もの人々が殺害されてしまった日に、あなたはインディアナの集会で彼(Pharrell)の歌“Happy”を聴衆に向けて流した。土曜日に我々の国で起こった悲劇に“幸せ”なんてものは無く、あなたにこの曲をこのような目的で使用することを許可していない」と怒りを露わにしている。

また、Kingは許可を得ずにトラックを使用した場合、著作権侵害にあたるとも述べている。

Trumpがこのような文書をもらうのは今回がはじめてではない。これまでもAerosmithのSteven TylerやQueenなどがトランプ大統領に楽曲を使用された際、反発する姿勢を示してきた。今後もこのような事は続いていくだろうが、中間選挙はどのような結果になるだろうか。

related

ReebokとBILLIONAIRE BOYS CLUBによるコラボスペシャルモデルが発売

Reebokと、Pharrell Williamsが設立した人気アパレルブランドのBILLIONAIRE BOYS CLUB(ビリオネアボーイズクラブ、略称・BBC)とのコラボレーションアイテム2/22(土)に発売される。

adidas Originalsが『SUPERSTAR』誕生50周年を記念した新キャンペーンを始動|Jonah Hillが監督しPharrell Williamsらが出演するフィルムも公開

adidas Originalsが、アイコニックなスニーカーである『SUPERSTAR』の誕生から50年の歴史と、今後の未来をセレブレイトすべく、新キャンペーン『CHANGE IS A TEAM SPORT - つなげ、その意思を。』をスタートした。

KelisがThe Neptunesによって楽曲の権利を奪われ報酬を受け取っていないと主張

先日、長い活動休止期間を経てついに再始動を果たすことが発表されたPharrell WilliamsとChad Hugoのプロデューサーユニット、The Neptunes。そんな彼らとのコラボレーションで知られるR&BシンガーのKelisが、このタイミングでまさかの主張を行い話題となっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。