批判されていたシカゴ市長が辞職 | Chance The Rapperが喜びのコメント

Chance The Rapperといえば、地元シカゴへの愛とそこに貢献するための活動を積極的に行うことで知られている。そんな彼が、今まで議論の対象となっていた現シカゴ市長のRahm Emanuelが辞意を表明したことについてコメントした。

Rahm Emanuelはオバマ元大統領の首席補佐官を務めた人物だが、シカゴの公立学校を複数閉鎖する政策や、17歳の黒人の少年Laquan McDonaldが警官によって射殺された事件への対応などがたびたび問題視されてきた。Chance The Rapperは今年リリースされた楽曲“I Might Need Security”において、「Rahm、あんたは終わりだ。辞任と、殺人者どもの有給休暇への捜査を期待してる」というリリックでEmanuelとMcDonald射殺事件を隠蔽した警察を痛烈に批判してきた。

Emanuelの辞職を受けて、Chance The Rapperは「シカゴの草の根組織と、Rahmの辞職を後押しした人たちにシャウトアウトを贈るよ。彼の辞職宣言はLaquan McDonaldを射殺したJason Van Dykeがもたらした物だ」とツイート。

続けて、「俺たちは新しい市長を必要としてるけど、誰でもいい訳じゃない。この国で最も隔離された都市の教育、雇用、医療に関する平等を気にかけている候補者と一緒にやっていくんだ」と、シカゴの新市長に期待している自身の考えを発表している。

これらのコメントからもChance The Rapperのシカゴに対する並々ならぬ思い入れとコンシャスネスがよく分かる。市長が変わることによってシカゴの状況は改善されていくのだろうか?

RELATED

Chance The Rapperがファンとともに科学や恐竜について語り合う

7月に待望のニューアルバムのリリースを控え、先日には長年連れ添ったフィアンセと結婚式を挙げるなど、公私ともに充実の一途をたどるChance The Rapper。そんな彼は今回、自身のTwitterにて科学的な質問をファン達に投げかけた。

Chance The Rapperらがアメリカ最高裁にラップの意義を説明する文書を送る

ヒップホップというジャンルの特性上、ラッパーの中には罪を犯し逮捕される者も多い。そうした際に彼らの楽曲のリリックが証拠として扱われることがあるが、複数のヒップホップアーティストがそれに反対し、裁判所にラップを理解する手引きとなる文書を送ったという。

Chance The Rapperがフィアンセとの出会いを語る

先日には、婚約した彼女に地元シカゴのショップを貸切にするという太っ腹なヴァレンタインデープレゼントを送ったChance The Rapper。ニューアルバムにも期待が高まる彼が、そんな愛するフィアンセとの出会いについて自身のTwitterで語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。