ストリートアートをテーマにした特集上映でBANKSYの初監督作や『ワイルド・スタイル』などを上映

渋谷から様々なカルチャーを発信してきたPARCOが、渋谷の劇場4館でストリートアートをテーマにした映画を上映する企画『SHIBUYA CINEMATIC GRAFFITI vol.1』を開催する。

7月~9月にかけて開催される『SHIBUYA CINEMATIC GRAFFITI vol.1』では、4作品を上映。まずは7/28(土)からシネクイントで、BANKSYの初監督ドキュメンタリー作『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』が1週間限定レイトショー上映。

EXIT THROUGH THE GIFTSHOP_sub1
© 2010 Paranoid Pictures Film Company All Rights Reserved.

8/4(土)からはBANKSYの最新作が登場。BANKSYがパレスチナの壁に描いた1枚の絵から芸術の著作問題に迫る『バンクシーを盗んだ男』がヒューマントラストシネマ渋谷にて公開となる。

バンクシーを盗んだ男_main
© MARCO PROSERPIO 2018

9/15(土)からは1982年のNY、サウス・ブロンクスを舞台にヒップホップカルチャーの萌芽を、1人のグラフィティアーティストを主人公に描いた金字塔『ワイルド・スタイル』が、こちらも1週間限定レイトショー上映される。

WILD STYLE_sub1
© New York Beat Films LLC

最後を飾るのはバスキア唯一の主演作『DOWNTOWN81』が、18年ぶりに戻ってくる。今作は9/22(土)よりシネクイントにて限定ロードショーとなる。

Downtown81_main
© 2000 NEW BEAT FILMS LLC ALL RIGHTS RESERVED

グラフィティーなどのストリートアート好きはもちろんのこと、ヒップホップ好きにもバッチリのセレクションとなっている。

 

http://cinegra.jp

related

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

Kendrick LamarやFrank Oceanなどの楽曲が使用される話題の映画『WAVES/ウェイブス』の冒頭6分間の映像が公開

Frank OceanやKanye West、Kendrick Lamarなどの楽曲をふんだんに用いた映画『WAVES/ウェイブス』。4/10(金)から公開となる同作の冒頭6分間の映像がYouTubeで公開された。

【コラム】『WAVES/ウェイブス』|Frank Ocean、Animal Collective、Kendrick Lamarらの楽曲が紡ぎ出すプレイリストムービー

『ムーンライト』や『レディバード』、『ミッドサマー』などの作品群を発表し高い評価を受ける映画プロダクションA24が新たに世に放つ新作『WAVES/ウェイブス』。Frank OceanやKanye West、Kendrick Lamarなどの楽曲をふんだんに用いた同作は、映画ファンはもちろん音楽ファンにとっても必見の作品だ。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。