カリフォルニア大学でFrank Oceanをテーマにした講義が開設へ

アメリカではアーバンミュージックは学術分野にも進出をしており、これまでにもQ-TipがNY大学の音楽コースで講義を受け持つことになったり、ハーバード大学の学生がラップアルバムを初めて卒業論文として提出するという事例もあった。

それに続くような画期的な講義がカリフォルニア大学バークレー校で今年の秋に開設されることになった。

この講義はFrank Oceanをテーマにした講義で、教えるのは2年生のPreya Gillさんと彼女のルームメートのDeborah Changさんの2人だ。2人は大学が新たに設置した生徒が講義を受け持つことができるシステムを利用し、大学に対してFrank Oceanをテーマにした講義のアイディアを提案した。

The Faderに掲載されたインタビューによれば、2人はFrank Oceanの音楽を通じて仲良くなり、この講義では「これまでのキャリアやバックグラウンド、音楽的背景、アーティストとしてのアイデンティティーなどを教えると共に、彼が現代社会で支配的な悪い意味での男性性や、ジェンダー政治に対してどのように挑戦してきたか」などが、教えられるという。

2人は「Frank Ocenの詩と音楽について繊細に創造性に敬意を表し、そしてオープンマインドに議論できる安全な場所を提供したい」とも語っている。

この講義についてすでにFrank Oceanのお母さんのKatonyaさんと弟のRyanさんが賛同の意を示している。

ジャンルなどをテーマにした講義ではなく1人のアーティストをテーマにした講義というと、かなりレアケースとなる。どのような講義が2人の学生によって行われていくのだろうか。

RELATED

Frank OceanがDAZEDの企画でRex Orange County、Arca、Jpegmafiaらからの質問に答える

4月に公開されたGayletterのロングインタビューに続き、Frank Oceanが様々なアーティストからの質問に答えるというインタビュー企画『The world according to Frank Ocean』がDAZEDによって行われた。

Frank Oceanが自身の音楽制作の過程について考察

先日、GAYLETTERにて公開されたFrank Oceanのロングインタビュー。インタビューでは好きなアート作品や、趣味、恋愛など幅広いトピックについて触れられているが、その中で彼は自身の音楽制作についても語っている。

Frank Oceanの貴重なロングインタビューが公開|好きなアート作品、趣味、恋愛、制作などについて語る

アルバム『Blonde』リリース時に発行されたZINE『Boys Don’t Cry magazine』を再発し、近頃はInstagramアカウントを積極的に更新するなど様々な動きを見せているFrank Ocean。めったにインタビューに応えないことで知られる彼の貴重なロングインタビューがGayletterにて公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。