若林恵とtofubeatsのトークイベントが開催 |『さよなら未来 エディターズ・クロニクル 2010-2017』刊行記念

元『WIRED』日本版編集長の若林恵による書籍『さよなら未来 エディターズ・クロニクル 2010-2017』の刊行を記念したトークイベントが、5/31(木)に大阪のLoft PlusOne Westで開催される。

このイベントには若林と、同書の帯文も担当したtofubeatsが出演。2人が考える21世紀型のクリエイター論、そしてそこから広がるウェブを含めたメディア論に音楽論、テクノロジー論など多岐に渡ってトークを展開する。

現在イベントのチケットは販売中だ。

Info

さよなら未来_表1のみ1

「さよなら未来 エディターズ・クロニクル 2010-2017」発売記念
若林恵×tofubeats 21世紀型クリエイター論
日程:2018/05/31(木)
場所:Loft PlusOne West
OPEN 18:30 / START 19:30
前売り ¥2,000 / 当日 ¥2,500(飲食代別)※要1オーダー¥500以上
前売券はイープラス、ロフトプラスワンウエスト店頭&電話予約にて発売中!
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
ロフトプラスワンウエスト電話→0662115592(16~24時)
※ご入場は各プレイガイド整理番号順→ロフトプラスワンウエスト店頭&電話予約→当日の順 となります。
【出演】
若林恵(元『WIRED』日本版 編集長)
tofubeats

related

Kendrick Lamarの評伝『バタフライ・エフェクト ケンドリック・ラマー伝』が河出書房新社から刊行

トップラッパーKendrick Lamarの初の本格的な評伝『バタフライ・エフェクト ケンドリック・ラマー伝』が、河出書房新社から12/2(木)に発売される。

tofubeatsが新曲“CITY2CITY”をリリース|杉山峻輔によるMVも公開

6月にシングル“SMILE”を発表したばかりのtofubeatsが、新曲“CITY2CITY”を本日8月27日にリリース。同時に、ミュージックビデオがYouTubeで公開となった。

butajiがニューアルバム『RIGHT TIME』を10月にリリース | STUTS、tofubeats、石橋英子などが参加

『大豆田とわ子と三人の元夫』の主題歌"Presence"をSTUTSと共作したことも話題になったbutajiが、待望のニューアルバム『RIGHT TIME』を10/6(水)にリリースする。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。