Jay-ZがSnoop DoggとEminemが特別である理由を語る

Jay-ZがNetflixの番組『My Next Guest Needs No Introduction』に出演し、Snoop DoggとEminemがなぜここまでの成功を収めたのかを語った。

『My Next Guest Needs No Introduction』(邦題=今日のゲストは大スター)は大物司会者David Lettermanが司会を務めるNetflixの番組で、これまでにオバマ前大統領や俳優のジョージ・クルーニーなどをゲストに招いてきた。その4回目のゲストがJay-Zというわけだ。まだJay-Z登場回は公開されていないが、新たに公開された予告でJay-ZがSnoopとEminemについて語っている様子が映し出されている。

「いい声を持っていれば、何かしら言うだけでいい。」とJay-ZはLettermanに語り「Snoop Doggはとてもいい声を持っていると思うよ。彼が‘One,two,three,and to the four,'っていうだけで‘これはやばい’って感じだもんね。これイカしてるよね?ほんとにイカしてるんだよ」とSnoopの声の素晴らしさを絶賛した。

Eminemについては「Eminemは素晴らしい抑揚を持ってるよ」と指摘し、Eminemの独特なフロウを真似しつつ「これは曲の中の打楽器みたいなものなんだよ”とEminemのスキルを表現した。

最後にJay-Zは「結局、成功するためには色々な方法があるよね。そして何人かはその方法を持っているということなんだよね」とJay-Zは、成功者は自身の武器を持っていると語る。

たしかにJay-Zの言うとおり、これまで成功を収めてきたアーティストは皆、何か特別なもの、個性を持っている人が多いように感じる。
これから成功したいと思っている人は参考にするべき意見かもしれない。4月6日に本編がNetflixで公開されるようなので、興味がある方は見てみてはいかがだろうか。

related

【コラム】Netflixオリジナルドキュメンタリー『監視資本主義:デジタル社会がもたらす光と影』|SNSが基盤となってしまった時代の抱えるジレンマ

TwitterやInstagram、FacebookといったSNSがもたらす悪影響を、実際にそれらのサービスに従事していたエンジニアたちの告発を基に描いたNetflixオリジナルドキュメンタリー『監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影』がテック業界を中心に大きな話題を呼んでいる。

PharrellとJay Zのコラボ曲"Entrepreneur"のミュージックビデオが公開 | 日本初の黒人経営者によるアニメスタジオD’ART Shtajioなど世界で活躍する黒人の起業家たちへの敬意と称賛を表現

Pharrell WilliamsがJay Zをフィーチャリングに迎えた新曲"Entrepreneur"をリリースし、ミュージックビデオも公開した。

『日本沈没2020』よりスピンオフとして向井太一やDaichi Yamamotoなどが参加した"シズマヌキボウ"のMVが公開

7月16日に配信開始されたNetflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』。そのスピンオフ企画として制作された、オリジナル楽曲"シズマヌキボウ"のMVが公開となった。シズマヌキボウプロジェクトに関してはこちらで紹介している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。