The Notorious B.I.G.の人生とキャリアを追うドキュメンタリー『Biggie: I Got a Story to Tell』の予告編が公開

今から24年前、銃撃によって命を落としたニューヨークのレジェンドThe Notorious B.I.G.。彼の死の真相に迫るNetflixのオリジナルドキュメンタリーシリーズ『Biggie: I Got a Story to Tell』のトレイラーが公開されている。

『Biggie: I Got a Story to Tell』はBiggieの人生とキャリア、そして死に至るまでを貴重な映像や音源、関係者へのインタビューを交えて追っていくドキュメンタリー。Biggieの母親であるVoletta WallaceやDiddy、Faith Evans、Junior M.A.F.I.A.のLil’ Ceaseといった人々のインタビューが収録され、またVoletta WallaceとDiddyは本作のエグゼクティブプロデューサーも務めている。

トレイラーのキャプションには「全ての伝説には始まりの物語があります。Christopher Wallace、AKA The Notorious B.I.G.は、ヒップホップのアイコンであり、独特のフロウと自伝的な歌詞で知られています。このドキュメンタリーは、貴重な舞台裏の映像や友人、家族の証言を通して、彼の人生を祝福するものです」と本作の意図が説明されている。

Netflixでは2PacとBiggieの死を題材として制作されたドラマUnsolved 未解決ファイルを開いて』も配信されているが、新たに制作された本作と合わせてチェックするのも面白いかもしれない。

彼の音楽が残した功績やその人生を克明に伝える『Biggie: I Got a Story to Tell』は3月1日よりNetflixにて配信開始となる。

related

Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『あなたの知らない卑語の歴史』|ニコラス・ケイジが案内する「Fxxk」「Sxxt」「Bxxxh」の世界

公の場ではタブーとされているものの、日常的な英会話の中で耳にしない日は無いと言ってよいワード「Fuck」。あらゆる場面で用いられるこの言葉の起源を、あなたはご存知だろうか?

【コラム】Netflixオリジナルドキュメンタリー『監視資本主義:デジタル社会がもたらす光と影』|SNSが基盤となってしまった時代の抱えるジレンマ

TwitterやInstagram、FacebookといったSNSがもたらす悪影響を、実際にそれらのサービスに従事していたエンジニアたちの告発を基に描いたNetflixオリジナルドキュメンタリー『監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影』がテック業界を中心に大きな話題を呼んでいる。

『日本沈没2020』よりスピンオフとして向井太一やDaichi Yamamotoなどが参加した"シズマヌキボウ"のMVが公開

7月16日に配信開始されたNetflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』。そのスピンオフ企画として制作された、オリジナル楽曲"シズマヌキボウ"のMVが公開となった。シズマヌキボウプロジェクトに関してはこちらで紹介している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。