LEON a.k.a.獅子の新作EP『Beat to death』からYamie Zimmerが手がけた"SLAP"のミュージックビデオ

横浜を拠点に活動しているラッパーのLEON a.k.a.獅子が、4/18にリリースするEP『Beat to death』から、盟友Yamie Zimmerがプロデュースをおこなった"SLAP"のミュージックビデオが公開された。

LEON a.k.a. 獅子は現在19歳で、BAZOOKA! 高校生ラップ選手権で優勝経験もある期待のラッパー。すでに地元横浜のシーンではプロップスを勝ち取っており、今回の楽曲"SLAP"を手がけた、超注目のプロデューサーYamie Zimmerがリリースした2作のEP『WhoWillKhow』と『YouWillKnow』でもその才能を発揮している。

今回の楽曲"SLAP"もYamie Zimmerの手によるノイジーかつ圧倒的な存在感のビートの上で、彼らしい独特のファストラップを披露している。

『Beat to death』は6曲中4曲をYamie Zimmerがプロデュースし、他の2曲はSam is OhmとYasterizeが手がけている。

Info

LEON a.k.a.獅子『Beat to death』
・ドリーム開発/DRMDISK-36
・価格 1,680円(税込)
・発売日 4月18日

1:SLAP produced.by Yamie Zimmer
2:ShiShi Lab produced.by Yamie Zimmer
3:FLEX produced.by Yamie Zimmer
4:Mega Rush produced.by Yamie Zimmer
5:GUN SHOT produced.by Yasterize
6:HIGHな LIFE produced.by Sam is Ohm
(全6曲)

related

My Classics Vol.14|YamieZimmer

第14回目には、ビートメイカーのYamieZimmerが登場。彼の地元・根岸駅にある中華屋の三和で、最近の制作事情や先日リリースした2ndアルバム『TEMPLATE』に加え、地元について、周辺のラッパー達との繋がりについてなどを訊いた。

Red Bullのサイファー企画『RASEN』の第10弾に9for、homarelanka、Only U、Tim Pepperoni、YINYOが登場 | ビートはYamieZimmerが制作

Red Bullによるジャパニーズ・ヒップホップ専門のYouTubeチャンネル「レッドブルマイク」で人気サイファー企画「RASEN」の最新回#10が公開となった。

YamieZimmerの2ndアルバム『TEMPLATE』のリリースパーティーがLeon FanourakisやSANTAWORLDVIEWも集結して開催

6月にリリースされたYamieZimmerの2ndアルバム『TEMPLATE』のリリースパーティーが、渋谷CLUB HARLEMで開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。