フリーエージェントになっていたLil PumpがGucci Maneのレーベル1017 Recordsと契約へ?

先日契約していたメジャーレーベルのWarnerとの契約を破棄し、フリーエージェントになっていたLil Pumpが、ついに新しい所属先を見つけたという噂が立っている。

フリーエージェントになっていたPumpには、DJ Khaledなどからもオファーが届いていたが、Pumpは15億円以下の契約金ではサインしないと強気の姿勢を保っていた。

そんな中契約金は言い値でいいとPumpに対してオファーしていたGucci Maneのレーベル1017 Eskimo Recordsのチェーンを首につけたPumpの動画が登場。

@lilpump sparks rumors with #1017 chain.

VladTVさん(@vladtv)がシェアした投稿 -

さらにPumpのマネジメント会社Tha Lights Globalの社長であるDooney Battleが、Pumpとみられる人物とチャットをしながら、「今日は契約する日だ、Lil Pumpが契約する日だ、こっちに誰と契約するのか見せてくれ」と話すビデオも投稿。Pumpらしき人物はその依頼に対し1017 Recordsのチェーンを見せている。

果たして注目のラッパーはGucci Maneのレーベルに所属するのだろうか。先日同じく同世代の6ix9ineはBirdmanのRcih Gangに16億円で加入したと主張したが、Birdman側にあっさり否定されている。

related

Gucci ManeやLil Pumpらがマイアミでマスク無しのパーティに参加していたことが報じられる

新型コロナウイルスのパンデミック以来、マスクは我々の生活にとって欠かせないものとなっている。マスクを着用しないまま人の密集する場所やパーティに足を運ぶことは自分自身や周囲を危険に晒してしまうこととなるが、今回、多くのセレブがマスクを着用せず集まるパーティが開催されてしまったことが報じられている。

Lil Pumpがドナルド・トランプの選挙集会に登場するも名前を間違えられる|複数のラッパーから批判も

アメリカでは今日が大統領選挙の投票日。世界中が選挙の動向を固唾を飲んで見守る中、ヒップホップシーンからも様々なラッパーが投票を呼びかけるなど、行動を起こしている。そんな中、先日トランプ現大統領の支持を表明し話題を呼んだLil Pumpが、なんとトランプの選挙集会に登場しスピーチを行った。

21 Savageが自身の楽曲と酷似したLil PumpとDoe Boyの楽曲について「収益の50%をくれ」と語る

先週、Metro Boominとのコラボシリーズの待望の新作『Savage Mode 2』をリリースした21 Savage。そんな彼が、最近発表されたLil PumpとDoe Boyの新曲について物申している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。