ストリーミングサービスにおけるソングライターへの使用料分配の割合が過去最高に

先週土曜、アメリカの楽曲使用料を取り扱う団体のCopyright Royalty Board(CRB)が、今後5年間でストリーミングサービスで得られる作詞家の使用料の割合を過去最高の50%以上まで引き上げることを決定したと、Varietyが報じた。これと同時に、CRBは、ソングライターの特許権使用料の支払い方法を強化、簡略化していくという。

CRBは、今までNational Music Publisher's Association(NMPA)やナッシュビルSongwriters'Association International(NSAI)ら作詞家の業界団体を支持し、Apple MusicやSpotify、Google、Amazon、Pandoraなどストリーミングサービスに否定的な立場を取っていた。そんな中で、レートを引き上げようとする作曲家とそれを阻止しようとするストリーミングサービスとで戦っていた。今までレートの綱引きが行われてきたが、最終的には、作曲家に適した最高のレートとなる、もしくは明確な同意なしで配当される。

 

「作曲家の使用料を43.8%へ引き上げることは怖かった。それは、CRBの歴史上最も高いレートだったから」と、NMPAのCEOであるDavid Israeliteは語っている。さらに、「この決定は作詞家にレーベルから他のマーケットから自由に利益を得ること認めるもの。レーベルの比は、ストリーミングサービスと出版社の。結果的に、業界の歴史上最も好調なバランスを生み出した」

 

これにより、レーベルに3.82ドル回ると、作曲家は1ドル受け取ることができる。ストリーミングサービスが音楽産業に浸透してから作曲家の使用料は、CRBやNMPAなどの業界団体が主導権を握っていた。作曲家は、以前までのストリーミング産業の計算プロセスに不満をもっていた。しかし、これからはそれもう終わる。

これから一新したシステムは、Apple MusicやSpotify、Pandora、Googleなどの主要なストリーミングサービスに影響を与える。「CRBは長く、難しいプロセスだったが、作曲家と音楽出版社は、より高いレートのためのパワフルなケースを生み出してくれた」と、NSAIのエグゼクティブディレクターのBart Herbisonは「作曲家は必死にそれを求め、その上昇レートに値する」とコメントしている。

related

グローバルな音楽ディストリビューター『SPACE SHOWER FUGA』が誕生

昨日9/1にオランダ/アムステルダムを拠点に業界最先端のディストリビューションシステム、アナリティクスシステム、 印税計算システムなどを提供しているFUGA社とスペー スシャワーネットワークのジョイントベンチャーにより、SPACE SHOWER FUGAが誕生した。

音楽ストリーミングサービスでは上位1%のアーティストの楽曲の再生数が全体の90%を占めているという統計が発表

しばしば音楽ストリーミングサイトは、人気アーティストにとっては大きなメリットがあるが、それ以外のアーティストにとってはビジネス的な利点がないことが指摘されてきたが、それを証明するような新たな統計が発表された。

「新型コロナウイルスの影響でストリーミングサービスの再生回数が減少している」との調査結果が発表

世界的に猛威を振るう新型コロナウイルスことCOVID-19。一部の国では他者との濃厚接触を避けるために外出制限がなされ、音楽を始めとするエンターテイメント産業への影響も指摘されてきた。一方でユーザーが自宅にいる時間が増えることで音楽ストリーミングサービスにとっては利用時間を増やすチャンスとなるのでは、との見方も存在していたが、そんな中COVID-19がストリーミングサービスにも打撃を与えていることを明らかにする調査が発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。