ボストン図書館が所蔵する約20万枚のレコードをデジタル化して無料公開へ

アメリカのボストン公共図書館は約20万枚のレコードを所蔵している。しかしそれらは一般に公開されず、地下の書庫でホコリを被って眠っていた。報道によると、ボストン公共図書館はその20万枚のレコードコレクションをデジタル化し、オンラインで無料公開すると発表した。

ボストン公共図書館(BPL)が所蔵する約20万枚のレコードは非営利のデジタル図書館『Internet Archives』(IA)によってオンラインで公開されるという。BPLはすでに所蔵している書籍の一部をIAで公開しているが、オーディオ関連のコレクションをデジタル化するのは初の試みとのこと。

「これによって、人々は我々が所蔵するコレクションに手が届く用になり、なおかつオリジナルの媒体を保護することもできる」とBPLの館長David Leonardは語る。コレクションには誰でもアクセス可能にすることで、教育と教養を高めるという図書館の使命にそぐうとのことだ。

BPLが所蔵するレコードのコレクションは1900年代初頭から1980年代までの20世紀の音楽が主。オペラ、ポップス、ジャズから、スポークンワードまで幅広いジャンルのSPレコード、LPレコードを網羅している。

コレクションのデジタル化はすでに始まったようで、図書館のスタッフが次々とサンフランシスコにあるIAの施設にレコードを送っている。しかしあまりにも膨大なレコードの枚数のため、全て送り届けるには数年かかるという。

IAは現在、貴重なSP盤レコードをデジタル化して公開するプロジェクト『Great 78 Project』も手掛けている。こちらではすでに3万件以上のSPレコードのデジタル音源がアップロードされており、ダウンロードが可能。

related

ウルフパックジャパンがレコードプレスをより身近にする新プランをスタート

メジャーレーベルのプレスも引き受ける欧州最大のレコード工場GZ Mediaの正規代理店であるウルフパックジャパンが、お得な新プランを先週からスタートさせた。

レコードの売り上げが1986年以来初めてCDの売り上げを超える可能性が浮上

音楽を聴く媒体は時代によって変化してゆくもの。LPからカセットテープ、MD、CDなど様々なフォーマットに続いてストリーミングサービスが主流となった昨今だが、やはりレコードは根強い人気を誇っているようだ。

笹塚ボウルで全国各地のレコードショップなどが集まったフリーマーケットを開催

4/21(日)に東京・笹塚のボーリング場・笹塚ボウルで新興のヒップホップアパレルRap Attackが主催するフリーマーケットが開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。