貴重なSP盤レコードをデジタル化して公開するプロジェクト『The Great 78 Project』

過去に生産されたSPレコードの保存、収集、発見を目的に、デジタル化を行っているプロジェクト『The Great 78 Project』。すでに3万件以上のSPレコードのデジタル音源がアップロードされており、ダウンロードが可能。

SPレコードとはCDが誕生する前、レコードプレーヤーで再生するLPやEPレコードよりも前の、蓄音機で再生用のレコード。大きな筒に向かって演奏をし、その振動を記録。その振動をレコードに刻み、針で振動させて、その音をホーンで増幅させて再生させる。アナログなこの録音再生方法はノイズはあれども、生演奏に近い音だと言う人もいる。

『The Great 78 Project』によると、SPレコードは1898年~1950年の間に300万枚以上生産されたという。LPレコードやCDのリマスター版が生産された音源もあるが、SPレコードでしか生産されていない貴重な音源も多く存在するとのこと。そんな貴重な音源を収集・発見し、デジタル化して公開することを目的としている。

非常にもろい材質でできているSPレコードは、再生しようとして破損してしまうこともある。慎重にデジタル化することで、破損せずに多くの人に聞いてもらえる。そしてレコード自体もも丁寧に保存することで、この先もこの文化を受け継いでいくという。

『The Great 78 Project』のウェブサイトはこちら

またデジタル化された3万件以上の音源はこちらですべて公開されている。国別、ジャンル、年代など細かく検索可能

related

THE NORTH FACE STANDARDからレコードバッグの新型が登場

THE NORTH FACE STANDARDから、オリジナルレコードバッグの新型BC CRATES 12と、BC CRATES 7が、8月23日(月)より発売される。

ウルフパックジャパンがレコードプレスをより身近にする新プランをスタート

メジャーレーベルのプレスも引き受ける欧州最大のレコード工場GZ Mediaの正規代理店であるウルフパックジャパンが、お得な新プランを先週からスタートさせた。

笹塚ボウルで全国各地のレコードショップなどが集まったフリーマーケットを開催

4/21(日)に東京・笹塚のボーリング場・笹塚ボウルで新興のヒップホップアパレルRap Attackが主催するフリーマーケットが開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。