イギリスで30万円相当のレコードが300円で売られているのが見つかる

イギリスの南グロスターシャーで、貧困克服などを目的とするチャリティー団体・オックスファムに所属するの1人の女性によって、2000ポンド(約30万円)相当の価値を持つ1枚のヴァイナル・レコードが発見された。レコードは、オックスファムのチャリティーショップの在庫リストから見つけられたようだ。

発見者であるLois Linterは、ショップのオンラインでの商品リストを作る手伝いをしていた際に、そのレコードに偶然出くわした。しかも驚くべきことに、数ヶ月前までそのレコードは1.99ポンド(約300円)で販売されていたというのだ。

レコードは、イギリスのチェロ奏者・Jacqueline Du PréによるLPのレア・バージョン。Du Préはオックスフォード出身で、20世紀における最も個性的な演奏家の1人。多発性硬化症で27歳の若さで亡くなったにも関わらず、今なお高い評価を受ける奏者である。

vinyl

チャリティーショップの店長・Gail Whiteheadはこのように話す。

「Loisが私にそのレコードが2000ポンドの価値があるって言ってきた時、本当にたまげたわ。でも、実のことを言うと、私はそのときJacqueline Du Préの名前を聞いたこともなかったわ。」

「そのレコードは長い間お店の棚に置かれていたと思う。実際数ヶ月は置かれていたはずだわ。つまり、(在庫管理の)新しいシステムを導入したおかげで、このレコードを見つけることができたと言えるの。」

「オンラインを始めてから、普段店舗では売ることが出来ないような2000ポンド(約30万円)相当のものを売れるようになったわ。これが今後どのようになっていくかとても楽しみにしている。」

レコードディガーにとっては夢ある嬉しい話。お宝は思わぬところに眠っているかもしれない。

(辻本秀太郎)

 

RELATED

笹塚ボウルで全国各地のレコードショップなどが集まったフリーマーケットを開催

4/21(日)に東京・笹塚のボーリング場・笹塚ボウルで新興のヒップホップアパレルRap Attackが主催するフリーマーケットが開催される。

アメリカでレコードの売上がフィジカル音源売上の3分の1を占める

近年のレコードブームの再来により、2017年にはアメリカでのレコードの総売上枚数が1991年以来最高を記録した。そして、昨年もその勢いは続いているようだ。

『TOKYO RECORD MARKET』とDJパーティー『EXOTIC FEELIN’』が明日同時開催

11月3日(土・祝)に、下北沢ゲージで「TOKYO RECORD MARKET」、隣接するアジア屋台酒場・ロンヴァクアンでDJパーティー「EXOTIC FEELIN’」が開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。